ビジネス

最新ビジネス記事のRSS

30代女性2人が起業した“小規模出版社”のメリットと強み

2019.01.12 16:00

「レゾンクリエイト」は、女性2人企業。2018年、本が売れないと言われるこの時代に、出版事業をスター

「レゾンクリエイト」は、女性2人企業。2018年、本が売れないと言われるこの時代に、出版事業をスタートした。2人が本作りに込める思いとはどんなものなのだろうか。新刊『今選ぶなら地方小規模私立大学~偏差値による進路選択からの脱却~』も好調の同社代表取締役社長の安澤真央さんと、同社の共同経営者で、ライティングコンサルタント・佐藤智さんへのインタビュー後編をお届けする。同社は書籍の取次会社を通さず、書店に直接納品する形で配本している。

◆手渡しで本を売る感覚

――お2人は出版社にも勤務していた時の同期だということですが、その出版社勤務の時とレゾンクリエイトで出版事業をスタートした時とでは、どんな違いがありましたか?

安澤:今振り返ると、出版社にいた時は、本が生まれてから死ぬまでの長い過程のごくごく一部しか担っていなかったのだなと思います。出版事業をはじめてから、すべての書店さんで何冊売っていただいたのかを日々確認しています。どんな方が買ってくれたのか、その背景には何があったのかすら思いを馳せるのです。機械的に売っていくのではなく、手渡しで本を売る感覚を持っています。

――出版社として取次会社との契約なしに、書籍を流通させることはできるんですか?

安澤 私たちは「トランスビュー方式」と呼ばれる形をとって、書籍を流通させました。『まっ直ぐに本を売る―ラディカルな出版「直取引」の方法』(石橋毅史著、苦楽堂)に詳しく方法が書かれていますが、トランスビューというじかに書店と取引をしている出版社が小規模出版社の“ハブ”となって流通を担う形が出来上がっています。レゾンクリエイトも、そこに入れていただくことにしたのです。書店さんからの注文分のみ出荷する仕組みで、返品は可能です。取次会社からの一律配本の場合は4割前後といわれる返品率が、トランスビュー方式では1割以下と通常よりもかなり低いのです。

佐藤:この方法にたどり着くまでに、出版界の第一線で活躍なさっているかたがたにお話を聞いて回りました。正直な話、私たちに知見を分けてくださったところで、そのかたがたへのメリットは1ミリもありません。しかし、みなさん心から応援してくださった。小規模出版社を始めて最も良かったことのひとつは、そうした応援してくださるかたがたに多く出会えたことです。

◆小規模だからこそ、できることがある

――2人で出版事業を立ち上げてみて、どのようなメリット・デメリットを感じていますか?

安澤:メリットとデメリットは、表裏一体ですね。出版社の業務のすべてを自分たちだけで担うのは簡単なことではありません。献本するにしたって、ひたすら手を動かして袋詰め。出版記念パーティーを開いたり、何パターンかのチラシを作ったり、ネット販売の在庫をチェックして補充依頼をかけたり…。

 これまで編集の仕事をしていたので、本を作るまではイメージしていましたが、それは出版社の仕事のごく一部でした。読者の手に届くところまで、なんなら何十年後かに書籍在庫を断裁するところまで幾重にも私たちが決断を重ねていきます。出版事業をスタートして、世に生んだ本とともに生きていくイメージとなりました。
 そのため、「超自分ごと」で書籍作りや書籍営業に向き合うことができます。

佐藤:大きな出版社ならば、体制は整っていますし、分業も可能です。スムーズにいくこともたくさんあるでしょう。しかし、小規模だからこその良さもある。例えば、機動力があるというメリット。人に惚れ込んで「この人の本を出したい!」と思えば、すぐに動きだすことができます。ニッチな分野の書籍も、前例がない企画も、「私たちが出す意味がある」と思えば世に出していきます。

 今回、奇しくも「地方所規模私立大学」の事例や意義を取り上げた書籍を作りましたが、そこには「すべての大学が東大や早稲田・慶應を目指す必要はない」という考え方が描かれています。出版社も同様だと思います。2人という規模だからこそできること、それを追求することが当社の出版事業の鍵だと思っています。

◆既存の枠を超える作り方、販売方法

本文を読む


マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP