芸能

稀勢の里引退 無念と悔しさ一層滲ませた「逃げない」信念

 先延ばしは、開始や完了を意図して遅らせるだけでなく、事態が悪くなることが予想できるにもかかわらず決定を遅らせる、という心理でもある。「期待を裏切りたくない」、「失敗したくない」、「完全にやり切りたい」などの気持ちが強いと先延ばしをしやすいという。自分のためだけでなく、ファンや人々の期待に応えるため相撲を続けようとした稀勢の里。しかし、「まだやれる」と思えるうちは、引退を決意することが期待や重責からの逃げと感じていたのではないだろうか。

 ところが、「一生懸命やってきた」という思いとは裏腹に、復活を期待された初場所は初日から連敗する。メディアの報道も世間の目も厳しさを増す中、取り組みを待つその顔には、横綱として初優勝を決めた場所で見せた、奥歯を噛みしめたような集中した表情はなかった。口先や口元に力が入った緊張感の強い表情ばかりが目立った。

 最後の取り組みでは、栃煌山に寄り切られると身体から力がすっと抜けた。見ていた誰もが、横綱は勝負を諦めたと感じただろう。そしてそれは、まだやれるという思いや闘志がプチッと切れた瞬間にも見えた。

「もう自分の相撲が取れない」、そう感じた横綱にとって、引退の先延ばしは現状からの逃げにつながる。「絶対に逃げない」という信念を持つ稀勢の里は先延ばしをしなかった。亡き師匠の「横綱になると見える景色が違う」という言葉について実感を問われると、「まだまだ先代が見ていた景色は見れなかった」と声を詰まらせ、ぼろぼろと涙をこぼして無念さを滲ませ、引退する道を選んだ。

現役を引退して年寄「荒磯」を襲名した稀勢の里は、今後は親方として「一生懸命相撲を取り、けがに強い力士を育てたい」と抱負を語った。きっとこれまでの経験も無念さも糧にして、強い力士を育ててくれることだろう。いつか荒磯親方が指導した力士が優勝したというコラムが書ける日が来ることを、心から願っている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン