• TOP
  • 芸能
  • 高須院長 レーダー照射問題に憤怒「韓国はフェイク国家」

芸能

2019.01.26 07:00  NEWSポストセブン

高須院長 レーダー照射問題に憤怒「韓国はフェイク国家」

レーダー照射問題で韓国に呆れる高須院長

 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、依然として決着のつかない韓国海軍駆逐艦による日本の哨戒機へのレーダー照射問題についてお話をうかがいました。

 * * *
──韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機に対する火器管制レーダー照射問題ですが、まったくもって日韓で協議できる状況ではないままです。

高須:これまでも散々わけのわからない主張をして日本を困らせてきた韓国だけど、今回の嘘のつきっぷりは、これまでに輪をかけてヤバいね(笑い)、常軌を逸している。もう、笑えてくるくらいだよ。

──まず、日本がいくつも証拠を出しているのに、韓国は「レーダーは照射していない」の一点張り。さらには、日本が事実を歪曲していると主張し、謝罪まで求めてくる始末です。

高須:つまり、韓国は嘘しかついていないということ。ちゃんとした国家がこんなに嘘をつきまくるなんて、本当にあるんだね。信じられない。むしろすごい。先生に怒られるのが怖くて、嘘をつき続けている幼稚園児を相手にしているみたい。そりゃあ話もできないはずだよ。

──さらに、レーダー照射問題とはまた別件で、1月23日に日本の海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍に艦艇に対して接近飛行を行ったと主張しました。

高須:どうしても日本が挑発行為をしていると言い張りたいということなのだろうけど、嘘を嘘で塗り固めてくるんだから、本当に恐ろしいよ。もう韓国は何でもアリな国になってしまった。まさか、隣国がこんなことになってしまうとは、悲しいことだね。

──国家間の関係が悪くなることは珍しくないと思うのですが、こういう形で事実とは異なる主張を繰り返してくるというのは、ちょっとないことですよね。

高須:これはもう敵国に対する態度だということなんだろうな。少なくとも友好国に対するものではない。日本を貶めるためなら、どんな嘘でもついてやろうという卑劣な態度を示しているわけだ。

 それこそ北朝鮮が朝鮮労働党の絶対的支配を誇示するために、国営メディアでありえない嘘を報じているでしょ。国内的に都合が悪いことは完全にスルーして、事実を捻じ曲げて労働党の素晴らしさを喧伝するようなニュースだけを流している。今、韓国政府がやっていることは、まさにそれと同じだよ。北朝鮮がフェイクニュースを流すのと同じようにして、韓国政府は日本に関する嘘を垂れ流している。韓国はフェイク国家だね。

──そんな韓国に日本はどう対処すればいいのでしょうか?

関連記事

トピックス