• TOP
  • 芸能
  • 宇賀アナに続き竹内アナも? テレ朝が連鎖退社を懸念する訳

芸能

2019.01.28 07:00  週刊ポスト

宇賀アナに続き竹内アナも? テレ朝が連鎖退社を懸念する訳

入社11年目のエースアナの胸中は(写真/ロケットパンチ)

 看板番組『モーニングショー』MCの宇賀なつみアナ(32)が3月末で退社すると発表されたばかりのテレビ朝日で、“連鎖退社”を心配する声が上がっているという。

「もう一つの看板番組『報道ステーション』キャスターの竹内由恵アナ(33)にも退社説が囁かれているんです。竹内アナは2017年に退社してイギリス留学中の後輩・宇佐美佑果アナ(30)と親しく、最近も彼女が帰国するたびに女子会をしては、熱心に話し込んでるようです」(テレ朝関係者)

 本誌・週刊ポストも昨年5月に2人の女子会を目撃している。同年10月には一般人男性との熱愛が『週刊文春』に報じられ、同誌の直撃に「遊びじゃないです」と答えていた竹内アナ。

「寿退社もあるのか?」(別のテレ朝関係者)といった見方も飛び出る中、テレ朝の上層部も気が気じゃないようだ。

「バラエティ、報道、スポーツとなんでもこなせるうえに、英語も堪能という竹内アナは、宇賀アナと並ぶテレ朝のエース。彼女の人気に興味を示す芸能プロも多く、『報ステ』への抜擢は、“看板番組を担当させるから辞めないでね”という局からのサインともいわれる。

 スポーツ番組歴も長い彼女に20年の東京五輪ではキャスターを務めてほしいとの期待もあるだけに、もし退社なんてことになったら大変です」(同前)

 テレ朝に聞くと、「ご指摘の事実はありません」との回答だった。“フリー転身説”が飛び交うのは人気アナの証ともいえるが、さて、エースの進む道は。

※週刊ポスト2019年2月8日号

関連記事

トピックス