• TOP
  • 国内
  • グレーゾーンなマッサージ店増 新井浩文事件は氷山の一角

国内

2019.02.05 16:00  NEWSポストセブン

グレーゾーンなマッサージ店増 新井浩文事件は氷山の一角

グレーゾーンなマッサージ店によって勘違いした客が増加

 昨年7月に東京都内の自宅で行ったセラピスト女性への強制性交容疑で、俳優の新井浩文容疑者が逮捕された。女性は派遣型マッサージ、または派遣型エステと呼ばれる業種のサービス店で働いており、深夜、顧客の自宅へ赴き施術をするのは通常業務らしい。一方で、同様のサービス業者には、通常の「マッサージ」「エステ」にとどまらないサービスを行っている店が複数、存在するために今回のような事件が起きたのではないかとも言われている。ライターの宮添優氏が、グレーゾーンなマッサージのサービス実態をレポートする。

 * * *
 俳優の新井浩文容疑者が、強制性交の疑いで逮捕された事件が社会に衝撃を与えている。

 数々の映画やテレビドラマに出演し、自ら主演を務める作品もあるほど「実力派俳優」の名をほしいままにしてきた。だが、「あまりにタイミングと、そして罪状が悪すぎる」(テレビ関係者)というくらい、俳優としての復帰は絶望的な見方もある。

「派遣型エステ店女性に対する強制性交」の容疑で逮捕されたと報じられているが、この微妙なニュアンスが様々な憶測を呼んでいる。被害者女性は風俗嬢だったのではないか、派遣型エステ店と名乗っているが本当は性的サービスもしていたのではないのか、といった類の噂である。大手紙社会部記者が解説する。

「現在、都内にはエステ店を謳って違法な風俗営業をしている店舗が百件弱あると捜査当局は見ています。中には、二時間で3~5万円とるような高級店もあり、芸能人やタレントが利用している例もあります。多くのエステ店で性的サービスは行いませんが、これら“一部の店”と勘違いした容疑者が、犯行に及んだ可能性はありますね」(大手紙社会部記者)

 ネット上で「高級メンズエステ」「出張エステ」などと検索すると、清潔なイメージのホームページがたくさんヒットする。その中に、東京・麻布界隈の人気店「X」と、新橋の人気店「Z」という店がある。

「いずれも表では高級エステ店ということになっていますが、セラピストの女性によっては、また一部の店は追加料金次第で性的な性サービスを受けられると一部の男性の間で話題になっています。これらの情報はネット掲示板などに続々書き込まれていて、利用者男性は逐一チェックして店を訪れるのです」

 こう話すのは、自らも「エステ店」の利用者である都内在住の出版社勤務・小林一郎さん(仮名・30代)。3万円以上という高額な料金を払うのなら、さっさと風俗店に行けばよいのではないか、こんな素朴な疑問をぶつけると次のような答えが返ってきた。

関連記事

トピックス