• TOP
  • 芸能
  • 米歌姫の「七輪」騒動が炙り出したネット民のタチの悪さ

芸能

2019.02.09 16:00  NEWSポストセブン

米歌姫の「七輪」騒動が炙り出したネット民のタチの悪さ

アリアナ・グランデは大の親日家だった(AFP=時事)

 ネットやSNSがコミュニケーションのあり方を変えたのは事実。だが今日も“騒動”はそこかしこで起こっている。コラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。

 * * *
 アメリカの超人気歌手アリアナ・グランデは、つい最近まで大の親日家でした。何年も前から熱心に日本語を学び、日本語が書かれたグッズも販売し、日本に住んでもいいとさえ思っていたとか。なんて嬉しくて、ありがたいことでしょう。

 そんなアリアナが、漢字で彫ったタトゥーをきっかけに、すっかり日本嫌いになってしまいました。そう、「七輪」騒動です。この騒動を知った多くの日本人は、恥ずかしいというか情けないというか、ひたすらお詫びしたいと思ったことでしょう。SNSやネットのダメなところを凝縮したような出来事でした。

 ざっと経緯をご説明します。彼女は1月下旬、手のひらに「七輪」とタトゥーを入れた写真をインスタグラムにアップ。新曲“7 rings”の発売を記念して入れたもので、「7つの指輪」を縮めて「七輪」と彫ったようです。

 たしかに日本人としては、コンロの七輪を連想してしまいますが、まあ微笑ましい話ではありませんか。日本人が着ているTシャツにプリントされた英文にも、アメリカ人やイギリス人が見たら吹き出すような言い回しが山ほどあることでしょう。ところが、彼女に対して「日本のバーベキューグリルだ」といった余計なお世話の指摘が殺到します。

 そこで彼女は「七輪」の下に「指♡」という文字を追加。すると反応があったことに調子づいたのか、ますます勢いよく「七輪指みたいで変だ」といった失礼な声が寄せられます。さらには「浅はかで、文化の盗用だ」「私は日本人だけど、日本のことをよく知らない人に使ってほしくない」といった批判もあったとか。こうなると、言いがかり以外の何ものでもありません。

 すっかりウンザリしたアリアナは、ツイッターにこう投稿しました。

「私が漢字を使うことができないのは明らかでしょ。私にどうしろって言うの。(日本語への)愛と感謝があってやったことなのに。私に何を言ってほしいの?」

「このようなミスをしても、気にしない人がいるのは分かる。でも、私はとても気にしてしまう。私に何をしてほしいの? 何て言ってほしいの? マジで」

「すごく心配になっちゃった(笑) 私は人を傷つけることが嫌い。このアプリ(ツイッター)にいる人は、純粋なミスをした人に対して許すことはできないみたい。自分のことしか考えないのね」

 お怒りはごもっともです。もちろん、くだらないことを言ってくるフォロワーは、ごく一部に過ぎません。しかし、彼女のフォロワーは6000万人を超えているので、いわゆるクソリプやクソコメの数も半端ではなかったはず。さぞ深く傷ついたことでしょう。

 今回のアリアナ「七輪」騒動は、ネット民のタチの悪さをあらためて炙り出してくれました。今日もネット上では、遠慮なく攻撃できる「悪者」を探しては、正義の味方気取りで罵倒しまくる醜い光景が繰り広げられています。匿名をいいことに誰かを攻撃している人は、それで溜飲が下がったり偉くなった気分を味わったりしているのでしょうか。だとしたら、ずいぶん卑しい了見だし、ずいぶん物悲しい話です。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス