• TOP
  • 国内
  • 井沢元彦氏、新元号は「五輪」がいいと考える理由

国内

2019.02.17 07:00  週刊ポスト

井沢元彦氏、新元号は「五輪」がいいと考える理由

作家・井沢元彦氏が考える新元号は?

 改元の1か月前となる4月1日、新元号が発表される。巷では次の元号を予想するアンケートが行なわれ、老若男女の関心を集めている。そこで本誌・週刊ポストは元号の専門家や平成に関わりの強い著名人に新元号を“予言”してもらった。本誌連載『逆説の日本史』シリーズで天皇や代替わりの歴史について考察してきた作家・井沢元彦氏は、4月1日発表の新元号について「五輪」がよいのではないか、と考える。

「新元号のコンセプトは、私の希望的観測ですが『中国からの独立』と考えています。これまでの元号は基本的に中国の故事に基づくものでしたが、これからは漢字を使うにしても、日本的用法のものがいいと考えたのです。

『五輪』はオリンピックに通じ、五大陸に通じ、仏教の世界の構成要素(地・水・火・風・空)に通じます。英語で発音すると『ゴールイン』。まぁ、これはちょっとこじつけですが、縁起がいいことは間違いありません」

●井沢元彦/1954年、愛知県生まれ。本誌連載をまとめた『逆説の日本史』シリーズのほか『天皇になろうとした将軍』『「言霊の国」解体新書』など著書多数。

※週刊ポスト2019年2月15・22日号

関連記事

トピックス