• TOP
  • ライフ
  • 仲睦まじいおしどり夫婦に憧れる人が住むべき都道府県は?

ライフ

2019.02.23 16:00  NEWSポストセブン

仲睦まじいおしどり夫婦に憧れる人が住むべき都道府県は?

データは前向きに解釈すべし

 たとえば酒席で話題にのぼったとしてもどこまで「本音」かわからない。ゆえに、経験の有無や回数について人々の興味関心は尽きない。貴重な調査結果を目にしたコラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。

 * * *
「結婚相手/交際相手以外に相手がいる」という人は、男性16.8%、女性13.6%。「1ヶ月の回数(結婚・交際相手)」がいちばん多い都道府県は鹿児島県で2.9回、いちばん少ない都道府県は神奈川県で1.6回。「経験がない」という男性は、20代34.1%、30代16.2%、40代6.5%……。

 知ったほうがよかったのか知らないほうがよかったのか、日本人の最新事情が明らかになってしまいました。2月19日、「相模ゴム工業」が、性意識調査「ニッポンのセックス2018年版」を発表。調査対象は、全国47都道府県の20~60代の男女1万4100人(1都道府県300名)です。上はその調査結果の一部ですが、そんなもんかなと納得した人もいれば、驚きを感じた人もいるでしょう。

 セックスは人生における大問題ですが、他人の事情は伺い知れないし、自分が日本人の平均と比べてどのぐらいの“立ち位置”なのかもわかりません。大人としては調査結果をどう受け止め、どう生かせばいいのか。一例として「50代、既婚男性」の視点で、調査結果に対峙してみたいと思います。

「あなたの今までの経験人数は何人ですか?」という項目で、男女全世代の平均は9.1人。男性の世代別では、50代が16.1人で最多でした。それより多い場合は「よっしゃ!」とガッツポーズし、少ない場合は「数を誇るなんて愚かなことだ」と思って平均以上の実績のヤツらに勝った気になるのがオススメです。

 ちなみに女性の世代別では、40代が7.5人で最多。40代女性にアプローチする場合は、「ボクを君の七人の侍に加えてくれないか」と言ってみると、相手が6人以下の経験しかなくて、しかもこの調査結果を知っている場合は、「あら、ちょうどいいわね」とすんなりOKしてもらえるかも。ま、都合よく両方に該当する可能性は高くはなさそうですが。

 もっとも興味深いというか、怖いけど胸おどるのが「結婚相手/交際相手以外に相手はいますか?」という項目。既婚もしくは交際相手がいる50代男性の24.5%が「いる」と答えています(1名17.7%、複数5.3%、不特定4.3%)。「いない」は75.5%でした。自分の実情と照らし合わせて、安心したり夢を抱いたりしましょう。

 いっぽう女性は、50代の14.4%、40代の17.1%、30代の17.9%が「いる」でした。大まかに言って7~8人にひとりの女性は、「貞淑」という言葉とは無縁に生きているようです。しかもセックスの回数は、男女ともに「結婚相手/交際相手」よりも「浮気相手」のほうが多め。とりあえず7人の人妻にアプローチすれば、めくるめく世界への道が開けるかもしれません。そういう計算ではない気もしますが、深いことは考えず、まずは希望をふくらませるのが幸せに生きるコツです。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス