• TOP
  • スポーツ
  • イチロー 突然の引退情報に蠢くマリナーズ経営陣の皮算用

スポーツ

2019.02.25 07:00  週刊ポスト

イチロー 突然の引退情報に蠢くマリナーズ経営陣の皮算用

来月で見納めになってしまうのか(共同通信社)

 日本が誇るスーパースターが来月、“見納め”となってしまうのか。シアトル・マリナーズのイチロー(45)に引退報道が飛び出した。米経済誌『フォーブス』が〈日本での開幕2連戦が彼の現役最後の公式戦になる。シアトルに戻って3月25、26日に予定されているオープン戦のパドレス戦を引退試合にする可能性がある〉と報じ、『USA TODAY』などさまざまなメディアが後追いしている。

 昨季も「会長付特別補佐」という肩書きで実戦への出場は少なかったが、あまりにも唐突な報道に、日本のファンは戸惑うばかり。しかしこの引退説をめぐっては、“フェイクニュース”と見る向きも多い。

「フォーブスの記事には〈私の情報源によると、それ以上の延長はない〉とあるが、この情報源はマリナーズの球団幹部だと言われています。イチローが現役として居座り続けることを快く思わない幹部が一部にいて、引退を既定路線にしてイチローに圧力をかけるためにリークしたのではないかと噂されている」(メジャーリーグ関係者)

 米国を拠点に長年取材活動を続けてきたスポーツジャーナリストの出村義和氏はこう見る。

「マリナーズが日本の開幕カードで引退させるつもりであれば、事前にアナウンスして大イベントにするなど、最大限に利用するはずです。イチローの現役続行をめぐっては、球団としても様子を見ているのが実態ではないか。開幕カードの後も、昨年の『会長付特別補佐』のようなポストを用意して、イチローの囲い込みを続けると思います」

 イチロー本人は引退説について「安易な意見を裏切りたい」と断言。逆境でこそ力を発揮してきたレジェンドの言葉だからこそ、期待したい。

※週刊ポスト2019年3月8日号

関連記事

トピックス