芸能

「BLは卒業するものではない」と昨今の作家は考える

BLが注目されるようになった理由とは?

 刺激的なキャッチコピーで世に衝撃を与えたのは、昨年放送されたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。これまでBLに触れてこなかった人々も、注目するようになった。

『おっさんずラブ』に続き、料理上手の弁護士を西島秀俊(47才)、その同居人の美容師を内野聖陽(50才)が演じるドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系、よしながふみ著・講談社)が4月にスタート予定。

 関ジャニ∞の大倉忠義(33才)と成田凌(25才)が初共演する映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(水城せとな著・小学館)は2020年に公開予定だ。

 なぜ、これほどBLが注目されるようになったのか。 まず指摘できるのが、優れた作家や作品が増えたことだ。 現在は同人誌やBL出身の作家が、意欲的に他ジャンルに進出する。

『BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす』(太田出版)の著者で、BL研究家の溝口彰子さんはこう語る。

「なかでもBL誌でデビューして、『大奥』や『きのう何食べた?』などのヒット作を生み出した、よしながふみさんは先駆者です。昔は一般誌で連載をもったら、『もうBLは描かない』という人が多かったのですが、今は『BLは卒業するものではない』という意識の作家が増えています。たとえば、雲田はるこさんの『昭和元禄落語心中』の漫画やドラマに接した人たちが、男性同士の関係性の艶っぽさに興味を持ち、雲田さんのBL作品を読み進めるという流れも少なくありません」

◆子供と一緒にBLを楽しむ女性も

 認知度が上がり、「BL好き」を公言しやすくなったこともある。 福岡県在住の57才主婦が苦笑しながら語る。

「子供の頃から萩尾望都さんの『トーマの心臓』や『ポーの一族』を読み漁り、大学生の時は『JUNE』(男性の同性愛を扱う専門誌)の表紙にカバーをつけて本棚の奥に隠していました。結婚して子供を産んでからもBL専門誌を毎号購入し、主人にバレないようにこっそり読んだものですが、最近はBLが“市民権”を得たことですっかりオープンに。今では23才の娘を巻き込んで一緒に『昭和元禄落語心中』や『おっさんずラブ』を楽しんでいます」

 この主婦のように、かつての愛読者が母親となり、子供と一緒にBLを楽しむケースも少なくない。

『恋と軍艦』(講談社)で同性愛を描いた漫画家の西炯子さんは、BL、つまり「ボーイズラブ」という名称も影響していると指摘する。

「何十年も前から男性同士の関係は女性が愛でるものでしたが、それを『ボーイズラブ』と名づけたことで、女性の持っていた後ろめたさが一気に薄まりました。深い水底にあったものが、水面から見える位置まで浮いてきて、手に取りやすくなったイメージです」

 現実が漫画を追い越した面もある。 現在は、セクシャルマイノリティーの可視化が進み、東京都の渋谷区や世田谷区など各自治体で、同性のカップルを「結婚と異ならない程度の実質を備える」関係として証明したり、区長に対して「宣誓」できる「パートナーシップ制度」の導入が進む。

「LGBTやセクシャルマイノリティーについて、後ろ暗い性的な話だけでなく、人権問題として堂々と語られるようになりました。世間一般が同性愛に持っていた偏見が薄れて、テレビドラマや映画では、名のある俳優が堂々と同性愛の役を演じるようになった。こうしたこともBL人気が拡大した要因かもしれません」(溝口さん)

※女性セブン2019年3月7日号

関連記事

トピックス

快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン