• TOP
  • スポーツ
  • 2019ラグビーW杯日本大会 ポスト五郎丸のスター候補選手は

スポーツ

2019.02.26 07:00  NEWSポストセブン

2019ラグビーW杯日本大会 ポスト五郎丸のスター候補選手は

キックに入る前の「ルーティン」も注目された(時事通信フォト)

 弱者が強者に勝つことを“ジャイアント・キリング”というが、2015ラグビーW杯イングランド大会で日本が南アフリカを破った衝撃は、それだけではとても言い尽くせないものだった。その衝撃を、ラグビーを知らない人に伝えるための喩えとして、当時ネットでは「女優の桐谷美玲がレスリングの吉田沙保里に勝つくらいのすごさ」などと言われた。

 あれから3年半。2019ラグビーW杯日本大会の開幕が、9月20日に迫っている。11月2日の決勝戦まで、全国12の会場で計48試合が行われる予定だ。日本は、開幕戦でロシア(東京スタジアム)と、以降アイルランド(9月28日、静岡・エコパスタジアム)、サモア(10月5日、愛知・豊田スタジアム)、スコットランド(10月13日、神奈川・横浜国際総合競技場)と予選グループを戦う。

 開幕まで7か月を切り、W杯日本代表の活躍を占う戦いがすでに始まっている。南半球の国々を主体とする全15チームの国際プロリーグ「スーパーラグビー」に日本から唯一「サンウルブズ」が参戦しているのだ。

 サンウルブズは、スーパーラグビーのために2016年に結成されたチームで、今年4年目のシーズンを迎えた。日本代表候補の選手たちが多く参加しており、2月から6月半ばまでほぼ毎週末、全15試合を戦う。日本代表ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフは、基本的にサンウルブズから代表を選ぶ方針を明確にしており、選手にとっては毎試合が生き残りを賭けたセレクションマッチとなる。すでに開幕戦が行われ(南アフリカのシャークスに10-45で敗戦)、選考レースの火ぶたは切って落とされた。

 プレースキックの独特なポーズとその活躍ぶりで、前回W杯で一躍時の人となった五郎丸歩(ポジションはフルバック)は、実は現ヘッドコーチになってから一度も招集されておらず、現時点で日本大会の代表になれるかは極めて難しい状況だ。CMに出演するなどプレー以外でも注目されたスターが出場しないことで、大会そのものの盛り上がりを心配する声もある。

関連記事

トピックス