• TOP
  • 芸能
  • 『ポツンと』躍進が示す2時間特番へのNO、1時間番組復権へ

芸能

2019.03.03 07:00  NEWSポストセブン

『ポツンと』躍進が示す2時間特番へのNO、1時間番組復権へ

躍進する『ポツンと一軒家』(公式HPより)

 バラエティー番組『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が躍進している。それとともに、「1時間番組の復権」とも言える状況が明らかになっている。その背景についてコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 2月24日の放送で『ポツンと一軒家』が視聴率16.4%を記録し、バラエティーのトップを走り続ける『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の16.3%を上回ったことが話題となっています(ビデオリサーチ、関東地区)。

 ただ両番組の差はわずかであり、2月18日~24日の一週間に放送されたバラエティーの中で、視聴率ランキングは2位と4位であり、「どちらが勝ち」というより「どちらも勝ち」と言える結果でした。

 特筆すべきは、両番組が日曜20時台という同じ時間帯であること。同じ時間帯にそれだけ多くの人がバラエティーを見ていたことの証であり、テレビ業界にとって明るい兆しと言えます。

 さらに注目したいのは、両番組ともに1時間番組であること。2010年代に入って「特別感を出すため」「一定の視聴率を確保するため(視聴率ダウン防止策)」「経費削減のため」などの理由から、各局が一年中“2時間特番”を放送するのが当たり前となった中、通常の1時間番組が支持されているのです。

◆視聴率ランキングでは1時間番組が圧倒

 先述した視聴率ランキングのトップ10を見てみましょう。

1位『笑点』(日本テレビ系、30分)17.9%
2位『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系、1時間)16.4%
2位『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系、1時間)16.4%
4位『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系、1時間)16.3%
5位『チコちゃんに叱られる!』(NHK、45分)再放送16.2%
6位『チコちゃんに叱られる!』(NHK、45分)14.8%
7位『有吉ゼミ チャレンジグルメ 冬の大波乱SP』(日本テレビ系、2時間)14.3%
8位『笑ってコラえて!冬SP』(日本テレビ系、2時間)14.2%
9位『嵐にしやがれ』(日本テレビ系、1時間)13.9%
10位『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系、1時間)13.8%

 10本中8本が1時間以下の番組であり、8位の『笑ってコラえて!』も今回はたまたま2時間というだけで、通常は1時間で放送し続けています。ちなみに先週と先々週は10本中9本が1時間以下の番組であり、支持を集めている様子がわかるのではないでしょうか。

 現在、「プライムタイム(19~23時)で放送されているバラエティーの約半分が2時間以上の番組」と言われる中、1時間番組が結果を出しているのです。

 これまで業界内では、「1時間番組がいいのではなく、『日本テレビのバラエティーが強い』というだけ」と言われてきましたが、昨秋にスタートしたばかりの『ポツンと一軒家』がその見方が正しくないことを証明。今後の番組編成に一石を投じているのです。

 では、なぜ1時間番組が結果を残しているのでしょうか?

◆“2時間強特番”は弱者の戦略

関連記事

トピックス