• TOP
  • 国内
  • アポ電強盗 発生の背景にオレオレ詐欺グループの劣化

国内

2019.03.09 16:00  NEWSポストセブン

アポ電強盗 発生の背景にオレオレ詐欺グループの劣化

アポ電強盗が起きることは予想されていた

 名簿をもとに「アポ電」をかけ、金があることを確かめてから強盗に入る。そんな犯罪が続いているが、そこで使われている名簿は、もともとオレオレ詐欺で利用されていたものが転用されているという。ライターの森鷹久氏が、詐欺グループから荒っぽい窃盗グループが誕生してしまった経緯について、レポートする。

 * * *
「偶発的なものかもしれないが、まさかタタキ(暴行)、ましてや殺しまでやるなんて…」

 今年一月と二月に、東京都渋谷区初台、笹塚でそれぞれ起きた強盗事件。そして、今回江東区東陽町で起きた強盗殺人(とみられる)事件。いずれも「アポ電」といわれる、被害者への事前の電話連絡があったという特異な事件について、男性は絞り出すように答えた後、絶句した。彼は、かつて特殊詐欺、いわゆるオレオレ詐欺実行グループの元リーダーだったX氏だ。

 一昨年夏、当局の取り締まりに対抗するために、オレオレ詐欺で方言を使っていることを明かしてくれたのがX氏だった。そのとき、彼は「弱り切った金持ちの老人がそこにいるとすれば…食えなくなった半グレはなんでもしますよ」と、新たな犯罪グループが生まれるかもしれないと予言していた。

 これは、オレオレ詐欺で食えなくなった者たちが、裕福な老人リストをオレオレ詐欺にだけでなく、悪質な訪問販売、泥棒などに使うのではないか、というX氏の見立てだった。あれからわずか一年半、彼の想像以上のことが、今回起きてしまったと彼は受け取っているのだ。

「オレオレやる奴は“実行”を嫌がる。根元(元締め)に近いほどその兆候は顕著で、逮捕の可能性が高い受け子やかけ子はやらない。部下にタタキをやらせるなんてもってのほかだと当時答えたのは、オレオレの名簿を使っての空き巣くらいなら、やる奴がいてもおかしくない、という程度の話だったんです」(X氏)

 しかし一昨年の取材から半年後、彼の予測は当たってしまった。かつて、オレオレ詐欺グループで部下として働いていたY氏が、オレオレ詐欺で利用していた名簿を使って悪質リフォーム業を始めていた。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス