• TOP
  • 国際情報
  • 公共の場での子供の用便に賛否、北京・紫禁城やバスの中…

国際情報

2019.03.10 07:00  NEWSポストセブン

公共の場での子供の用便に賛否、北京・紫禁城やバスの中…

マナー問題は深刻

 中国ではしばしば、観光地や電車内など公共の場で、親が子供に用便をさせているケースが報じられ、「マナー違反」や「中国人の恥」などと批判の声がネット上に寄せられているが、いまのところ一向に減る気配がないようだ。

 この1か月の間にも、中国北京市の中心地で、ユネスコの国家遺産に指定されている紫禁城(故郷博物院)内や公共のバスの中での子供の用便が報じられており、ネット上では個別のケースについて賛否両論が飛び交っている。

 中国共産党機関紙「人民日報」傘下の国際問題専門紙「環球時報」によると、今年1月中旬、紫禁城内で、子供に立小便させる母親の画像がネット上で拡散。「将来ろくな子に育たない」などとの批判の声が出ている一方、「母親ばかり責めても仕方がない」との母親に同情する声も寄せられているという。

 同紙は世界遺産の故宮博物院係員の説明として、「故宮にはトイレが14カ所あり、観光ピーク時には臨時のトイレも設置している」との声を紹介。さらに係員は「発見した時は現場を掃除してもらう」と話している。

 一方、中国内陸部の湖北省大治市内を運行中の路線バス内で、48歳の母親が2歳の男の子にバス内のゴミ箱に小便をさせたところ、運転手が見とがめて「非文明的だからやめさせろ」と注意。これに対して、母親が激高、運転手に対して左手をつかみかかり、制服の袖を引っ張り上げようとした。

 ほかの客が慌てて、母親を運転手から引き離したという。乗客が警察に通報したところ、パトカーで駆けつけた警官は社会安全騒乱罪などで、母親の身柄を拘束した。

 ネット上では「乗客の命を危険にさらすような真似は絶対に許されない。この女性は自分の行動を反省すべきだ」などの意見が書き込まれている。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス