• TOP
  • 国内
  • 新元号の選び方に法則性 平成の次の頭文字はKか

国内

2019.03.12 07:00  週刊ポスト

新元号の選び方に法則性 平成の次の頭文字はKか

新元号が決まる流れ

「第一候補は『喜永』です。喜は過去3回使われていますが、元号の1文字目は初めてになる。永は過去最多の29回使われている。初登場+頻出漢字の組み合わせになる。もう一つの理由は、今回の代替わりは崩御を伴いませんから、喜永には“日本に戦争がなかった平成という時代の喜びが永く続くように”という意味が込められています。

 第二候補は『景永』で、景は過去に1度しか使われていない。これも“平和な時代の景色が永く続くように”の意味です。頭文字はどちらもKなので、明治以降と重複することはありません」

※週刊ポスト2019年3月22日号

関連記事

トピックス