• TOP
  • 芸能
  • 岸谷香、長男の名門高校中退と夢 重ね合わせた自身の過去

芸能

2019.03.28 16:00  女性セブン

岸谷香、長男の名門高校中退と夢 重ね合わせた自身の過去

3月中旬、都内で買い物をする香

《チビゴにおいても、あの時私が想像した5年後は、今と全く全然本当に違う。チビゴは頑張った努力が実り、家族みんなで喜んだ。でも、5年後の今は、あんなに行きたかったその学校にはもう居ません》

 受験シーズン真っただ中の2月上旬、ブログにこんな投稿をしたのは元プリンセス・プリンセスのボーカル、岸谷香(52才)である。

 今年5月にニューアルバムをリリースしてライブ活動を開始する彼女が、愛する「チビゴ=長男」の高校中退という衝撃の事実を告白したのだ。岸谷の長男は2014年に都内の私立中学を受験した。

「香さん自身、超難関で知られる都内の国立大学の附属小学校に入学したものの、中学時代にバンド活動に明け暮れて附属高校への内部進学に失敗し、大学に行けなかった。“学歴コンプレックスがある”と認める彼女は、子供たちに同じ思いをさせないよう、大学まで進める一貫校を受験させました。

 夫の岸谷五朗さん(54才)は教育にあまり口を出さず、お受験に奮闘したのはもっぱら香さんで、長男が中学受験する時は毎朝5時半に起きて、お弁当作りや学校や塾への送り迎えをしていました。入学願書を提出する際は、郵便局で“期日に届くのか届かないのか”で揉めるなど、熱血“お受験ママ”になっていました」(岸谷家の知人)

 苦労の甲斐あって、長男は第一志望の名門中学に合格した。この時、岸谷はブログでこう喜びを爆発させた。

《遂に、長かった受験地獄が、終わりました。チビゴ、バッチリ欲しかった合格を勝ち取ってきましたーーー》

 その後、長男は高校に進み、この春からは名門私立大学に内部進学――というのが親子が描いたシナリオだった。

 ところが冒頭のブログで岸谷が明かした通り、長男はせっかく進学した高校を中退していたのだ。前出・岸谷家の知人が言う。

「高校2年生の時、長男が“どうしても今のうちに語学を学びたい”と留学を希望したんです。香さんと五朗さんは、“大学入学後でも”と反対したそうですが、長男の意志は固かった。香さんは“息子の思いはわかるけど、それを尊重するのが親として正しいのか”とすごく悩んでいました」

 それでも、何度も家族会議を重ねて悩み抜いた岸谷が出した答えは、「高校をやめてもいいよ」だった。

「長男の真剣な思いを聞くうちに、香さんはかつての自分の姿を思い起こしたそうです。長男と同じ年の頃、香さんはバンド活動に専念するため高校を中退することを両親に許してもらった。だからこそ彼女は、“あの時、両親の理解がなかったら私はプリプリになれず、『ダイアモンド』や『M』も誕生しなかった。だから私もチビゴを応援しよう”という気持ちになって、退学を認めたんです。今、その胸中をブログで吐露したのは“受験に熱くなっている”お受験ママたちへの彼女なりのメッセージだと思いますよ」(前出・岸谷家の知人)

 現在、長男は念願かなってアメリカに留学中だ。

「お母さんと同じく音楽活動もしていて、いつの間にか髪の色が緑やピンクになっていた(笑い)。長男の留学先はかなりハイレベルとか。また新たなサポートが始まるようです」(前出・岸谷家の知人)

 どんな道を進もうが、彼女にとって長男が「ダイアモンド」であることに変わりはない。

※女性セブン2019年4月11日号

コメント 8

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス