• TOP
  • ライフ
  • 「平成最後おじさん」にはイラッとするよりおだてるのが吉

ライフ

2019.04.28 16:00  NEWSポストセブン

「平成最後おじさん」にはイラッとするよりおだてるのが吉

改元で気づくことも多いはず

 時代の節目をどう過ごすか。きっと多くの人が耳にするであろうフレーズにどう対応するかも考えものだ。大人力について日々研究を重ねるコラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。

 * * *
 今まさに、巷ではあの人たちがすごい勢いで増殖しています。その名は「平成最後おじさん」。居酒屋に行けば「このメンバーで飲むのも平成最後だね」「おっ、平成最後のねぎぬただな」といった声があちこちから聞こえてくるだろうし、SNS上にも適当な写真に「平成最後の○○です」と添えた投稿があふれるでしょう。

 もちろん、平成最後おばさんや平成最後おじいさん、平成最後おねえさんなども増殖してますが、平成最後おじさんほどは目立ちません。ダジャレの使い手がおもにおじさんであることと、深いところでつながっている気がします。おじさんとしては、こういうことの代名詞が似合う存在であることに喜びと誇りを感じましょう。

 自分で使うにせよ、使っている人を見て楽しむにせよ、せっかくの貴重な機会ですから、いろんなアプローチで「平成最後」を満喫したいところ。「やたら『平成最後』を使うやつは鬱陶しい」と眉をひそめることで「俺は愚民どもとは違う」という面倒臭い選民意識をお手軽に満たすのも、それはそれで「平成最後」の有効な活用法です。

 まずは、ひと味違う繰り出し方を模索してみましょう。こういう大げさな言葉は、なるべくチンケな使い方をしたほうが輝きを増します。

 リビングでテレビを見ながら「よし、平成最後の耳掃除でもするか」と呟いたり、4月30日の夕ご飯のときに「平成最後のひと口は、このタクアンにするかな」と言って箸をのばしたりすれば、家族に「あら、お父さん、意外に粋なこと言うじゃない」と見直してもらえるはず。あるいは「30年分の感謝を込めて、平成最後の『ごちそうさま』だな」などと、節目を利用してふだんは言えないことを伝えてみるのも一興です。

 時には「平成最後、平成最後って、何とかのひとつ覚えみたいに」と厳しい批判を浴びることがあるかもしれません。だからといって、いちいち目くじらを立てる心の狭さを批判し返したら、間違いなくケンカになります。そういうときは「ごめん。平成最後っていう言葉を使うのは、これで平成最後にするから」とダメ押しをすることで相手を呆れさせましょう。それが大人の反撃であり、勝った気になる近道です。

 自分で使うのは抵抗があるという人も、まわりにあふれる「平成おじさん」には、あたたかい目を向けてあげたいところ。心の中でイラッとするより、どうおだてようか考えたほうが、楽しい気持ちになれます。大人のやさしさは人のためならず、です。

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス