• TOP
  • スポーツ
  • 伊藤美誠の五輪代表に“待った” 猛追する石川佳純の意地

スポーツ

2019.05.09 16:00  週刊ポスト

伊藤美誠の五輪代表に“待った” 猛追する石川佳純の意地

卓球界のエース対決の行方は?(時事通信フォト)

 卓球界では新旧エース対決が勃発している。2年連続で全日本選手権を制覇した“新エース”伊藤美誠(18)に、“旧エース”の石川佳純(26)が猛烈な追い上げを見せている。

 世界卓球選手権日本代表選考会も兼ねた「ジャパントップ12」(3月2~3日)では石川が伊藤に勝利して2年ぶりに優勝した。

「卓球界は若手の台頭が顕著で、伊藤や平野美宇(19)、早田ひな(18)らミレニアム世代(2000年代生まれ)が台頭するなか、石川の東京五輪代表は難しいと言われていました。しかし『ジャパントップ』の試合では、得意のバックハンドを“攻撃的で振り切る”スタイルに進化させるなど、20代半ばにして大きく“進化”した」(スポーツ紙記者)

 東京五輪シングルス代表選考の方法も、実は石川に有利にはたらくという。前出の記者が続ける。

「来年1月時点での世界ランク上位2人の日本人を、卓球協会がJOCに推薦することになっていますが、世界ランクは現時点で石川が日本女子最高の6位。伊藤は7位ですが、国際大会では経験豊富な石川が抜群の強さを見せるため、伊藤ら“ミレニアム世代”にとっては苦しい戦いになる」

※週刊ポスト2019年5月17・24日号

コメント 3

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス