芸能

教育熱心な松嶋菜々子、娘をプールに送迎 反町隆史もサポート

教育熱心な松嶋菜々子。娘は松嶋似のスラリとした美少女

 都内のスポーツクラブの前に一台の高級外車が止まったのは、4月のとある平日の夕方。左ハンドルの運転席から現れたのは、ベージュのトレンチコートにくるぶし丈のデニムという春らしい装いの松嶋菜々子(45才)だった。日常の何気ないシーンでも驚くほど目を引く。

「娘さんのプールの送り迎えですよ。いつも真剣に練習を見守っています」(スポーツクラブ関係者)

 時折、ママ友と会話を交わす。レッスンを終えた娘は松嶋の元へ駆け寄る。濡れた髪をやさしく拭いてあげながら2人はクラブを後にした。

「毎日テレビで“田舎の素朴な母親”役の松嶋さんを見ていますが、まったく違う! リアル松嶋ママは『なつぞら』よりカッコよすぎました(笑い)」(居合わせた人)

 松嶋は現在、NHKの朝ドラ『なつぞら』で、ヒロインの広瀬すず(20才)の育ての母親を演じている。舞台は戦後の北海道。自分のことは後回し、芯は強いがいつでも家族のために働く母親役。質素な装いに、ほぼすっぴんメイクで方言を話す松嶋の好演は評判だ。

「収録の合間もすずちゃんに“ご飯食べてる?”と気遣うなど母親の顔を見せていました。『ひまわり』(1996年放送)のヒロインを演じて以来、20年以上ぶりの朝ドラですが、気持ちが入っていたようですね」(ドラマ関係者)

 冒頭の送迎シーンもそうだが、私生活でも、松嶋はよき母親である。2001年に反町隆史(45才)と結婚すると、現在は14才と11才、2人の娘の母親として多忙な生活を送っている。

「松嶋さんは教育熱心。プールやバレエの送迎はもちろん、名門一貫校のお受験もしっかり合格。学校行事にも積極的で、ご夫婦そろって、出席されていますよ」(松嶋の知人)

 2人の娘の子育てに夫の協力は欠かせない。

「今回の朝ドラは長い北海道ロケがあったのですが、その時は反町さんが仕事を控えて、家事やお子さんの送迎もこなしていらっしゃいました。反町さんはアウトドアの達人でフットワークの軽い人。車の洗車から草木の手入れ、料理までササッとこなしてくれる。ソファにドスッと座っているタイプとは正反対。

 だから松嶋さんも仕事に力も入れられるし、オンオフがしっかりつけられるんだと思います。うらやましい」(前出・松嶋の知人)

 松嶋が娘の送迎をしていた数日後、今度は都心を歩く反町の姿があった。カモフラージュ柄のパンツにTシャツというラフな装いだが、やはり目を引くオーラだ。スポーツジムや日焼けサロンなどをはしごすると自宅へ帰って行った。いい夫がいるのは『なつぞら』と同じようだ。

※女性セブン2019年5月23日号

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン