• TOP
  • ライフ
  • ビールの仕込み、工場見学や試飲もできるワークショップ

ライフ

2019.05.17 07:00  女性セブン

ビールの仕込み、工場見学や試飲もできるワークショップ

ビールは、エールなどの上面発酵5種とピルスナーなどの下面発酵5種から選べる

 ワークショップとは、“体験型講座”のこと。ただ講座を受けるのではなく、実技などを行うのが特徴で、定期的に通う習い事とは違って、好きな時だけ参加できる自由度の高さも話題になっている。そこで今回、注目のワークショップに潜入取材を行った。

【ビールづくり体験教室】(キリンビール横浜工場/神奈川)

 酒類の醸造免許が必要なため、個人ではつくれないビールの“仕込み”ができるとあって人気の高いワークショップ。

 原則毎週土日・第一水曜に開催。9時40分から16時30分までと長丁場だが、工場見学や生ビールの試飲も楽しめ、一日中飽きさせない。ビールづくりは湯と麦芽を大鍋で熱しながら混ぜることから始まる。

「力仕事が多い」と悲鳴を上げる参加者も。一定の温度をキープしなければならないのも難しい。この麦汁をろ過して最初に取り出したものが“一番搾り麦汁”。これにホップを加え、麦汁の糖度を調整しながら冷却。酵母を投入して終了。この後発酵させ、約6週間後にビールが送られてくる。

 この日は4人で1グループ。各グループでつくるビールの種類が違うため、それぞれに醸造技術員がついてサポートしてくれる。

 ビールは、エールなどの上面発酵5種とピルスナーなどの下面発酵5種から選べる。この日は下面発酵ビール(ボック、ピルスナー、ボヘミアンピルスナー)を仕込んだ。

 苦みのもととなるホップを麦汁に投入。ビールによってホップの種類を変えている。この後ランチ、工場見学を楽しみ、午後の作業へ。

 6週間後に自分が仕込んだビールが宅配される。「別のビールもつくりたくて何回か参加しています」という人も。

■ビールづくり体験教室
住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1
料金:1組2名1万円 (ビール小瓶〈330ml〉×10本、配送費、昼食代含む)
※キリンDRINX(https://drinx.kirin.co.jp)で会員登録後(登録無料)、申し込み。

※女性セブン2019年5月30日号

関連記事

トピックス