• TOP
  • 芸能
  • 岡田将生、飲み会を抜けてハライチ澤部に会いに行った夜

芸能

2019.05.24 07:00  女性セブン

岡田将生、飲み会を抜けてハライチ澤部に会いに行った夜

ディナーを中座して会いに行ったのは?

 美しすぎる透明感ある容姿から“エンジェル岡田”と呼ばれている岡田将生(29才)。小顔で色白、身長は181cmで、性格は天然──。だけどどんな役もこなす演技派で、若手を代表する俳優の1人だ。現在も、NHK朝ドラ『なつぞら』のヒロインなつの兄・咲太郎役として出演する一方、舞台『ハムレット』で主役のハムレット役に抜擢されるなど、その実力を存分に発揮している。

「咲太郎みたいなリーゼント姿が、あそこまで美しく似合う人はいないとドラマ界でも話題です(笑い)。いよいよ『なつぞら』は東京編へ。岡田くんの出演場面はさらに増えていくと思います」(テレビ誌記者)

 5月19日夕方、東京・渋谷の雑踏に岡田の姿があった。白シャツにロングTシャツを重ねて薄手のグレーのコートを羽織り、足元からはピンクの靴下がのぞく。青みがかったサングラスをかけているが、顔を隠すどころか、あまりに目立つオーラを放っていた。岡田は混み合っていた大衆居酒屋へと入っていった。

「出演舞台の仲間と5~6人で飲みに来たようで、舞台の話をしているのが聞こえました。店内は満席で4人掛けの席に6人で座る状態に。岡田さんはキツキツの座席のいちばん隅っこにちょこんと座り、レモンサワーを飲んでいました。彼がいちばん先輩だったのか、周囲に気を配りながら、いい調子で会話を盛り上げていましたよ」(居合わせた客)

 2時間後、岡田は席を立つと自ら会計を済ませた。すると仲間を店内に残したまま、ひとり急いだ様子で店を出て、周囲を気にする素振りを見せながらタクシーに乗り込む。向かった先は車で10分ほどの場所にあるマンション。もしや彼女の部屋なのか──。

「お笑いコンビ・ハライチの澤部佑(33才)の自宅ですよ(笑い)。2人は2009年のドラマ『オトメン(乙男)』(フジテレビ系)で共演して以来の大の仲よし。以前、岡田はテレビ番組で澤部について“芸能界に入って初めてできた親友”だと明かしています。澤部に好きな人ができた時には告白を後押しし、結婚指輪も一緒に買いに行ったほど。澤部が結婚して以降は以前ほど会えていないようですが、その日は澤部の誕生日。仲間とのディナーをわざわざ中座して、お祝いに駆けつけたようです」(芸能関係者)

 今をときめく岡田を走らせたお相手は、男友達だったようだ。

※女性セブン2019年6月6日号

コメント 5

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス