• TOP
  • 芸能
  • 壇蜜と霜降り明星・せいや「名前も告げず人命救助」の真相

芸能

2019.06.05 16:00  NEWSポストセブン

壇蜜と霜降り明星・せいや「名前も告げず人命救助」の真相

記者の直撃を受ける、せいや

「ぜひ御礼したいです。2人がお店に来たら、思いっきりご馳走させていただきたい」──そう語るのは、東京都内にある天ぷら店の主人である50代男性だ。その「2人」とはタレントの壇蜜(38)とお笑いコンビ「霜降り明星」のボケ担当・せいや(26)のこと。先代主人である男性の父親を救助してくれたという。いったい何があったのか。

 せいやは5月31日深夜に放送された「霜降り明星のオールナイトニッポン0」(ニッポン放送)で、「週刊誌の記者から、壇蜜さんと交際していないかと直撃された」ことを語って話題となった。ラジオの中では交際を否定し、仕事帰りに倒れていた高齢男性を介抱した際に、偶然壇蜜と一緒になったと説明。相方である粗品(26)が「連絡先は交換した?」と聞いたが、せいやは「してないよ」と語り、「オレ、壇蜜さんと付き合えるわけないやん」とリスナーの笑いを誘った。

 M-1グランプリで優勝し、いまや超売れっ子の霜降り明星。そのせいやを取材したのは、実は『女性セブン』の記者だった。「せいやが壇蜜と仲良さそうに歩いていた」という目撃情報が寄せられていたため、せいやの仕事帰りに話を聞きに行ったという状況だった。すると、ラジオで語ったように記者にも丁寧に経緯を説明してくれたのだった。

「この前、居酒屋のおっちゃんが酔っ払いすぎて倒れてたんですよ。で、『おっちゃん、大丈夫か?』って声をかけまして。そしたら、向こうのほうから女性2人組がやってきて、『大丈夫ですか?』って。そのうちのひとりが壇蜜さんやったんです。

 すぐに壇蜜さんやと気づいたから声をかけようかと思ったけど、けが人が目の前にいるわけで、そこはグッと我慢しました。

 それでおっちゃんを家に連れていこうとして、おっちゃんが『ここやねん』っていうんで、天ぷら屋さんの中に運び入れたんです。壇蜜さんが救急車呼んでくれて。僕がおっちゃんを着替えさせて……。一段落ついた時に、『あの、壇蜜さんですよね?』って聞いたら『せいやさんですよね』って。その後、壇蜜さんが手を洗いたいって言うんで、一緒にすぐ近くのスーパーまで歩いたんですが、その時に誰かがツーショットを見て勘違いしたのかも……。だから、付き合ってないです。なんなら、その天ぷら屋さんに聞いてみてください」

 倒れていた高齢男性は、ブロック塀に頭をぶつけて流血していたという。無事だったのか。翌日、件の天ぷら店を訪れると、冒頭の50代の店主が「うちのオヤジを助けてくれたのは事実ですから、お話ししましょう」と取材に応じてくれた。

コメント 16

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス