• TOP
  • ライフ
  • 江ノ島海岸でのゴミ拾いボランティア 思いもよらぬモノが…

ライフ

2019.06.30 16:00  女性セブン

江ノ島海岸でのゴミ拾いボランティア 思いもよらぬモノが…

アラカンにして海の美化に目覚めたオバ記者

 近年、海洋プラスチックゴミ問題が世界的な社会問題となっているなか、女性セブン体験企画などで活躍中の“オバ記者”こと野原広子(62才)が、神奈川県の江ノ島海岸で行われているゴミ拾いボランティアに参加した。

 今回、オバ記者が参加したのは、全国の海でゴミを拾う活動をする『海さくら』によるボランティア活動。江ノ島で14年間に渡ってゴミ拾いをしているという。

■今回のチャレンジ

第151回『海さくらゴミ拾い』

場所:江ノ島大橋(歩道:弁天橋)下の広場
集合時間: 9時半~
活動時間:10~12時
参加費用:無料
持ち物:軍手、タオル、ビーチサンダル、飲み物など
この日の参加人数:208人

『海さくら』が14年間(毎月のゴミ拾いのみ)に拾ったゴミの数は、可燃ゴミ2618袋、不燃ゴミ3636袋、総量5万657t。参加人数は延べ1万4501人に上る(2019年6月6日現在)。

◆こんなものまで…

銀の指輪まで…

 この日は、可燃ゴミ24袋、不燃ゴミ16袋のゴミを拾うことをできたが、その中には意外なものも…。指輪だ。

「別れた男にもらった指輪だよ、きっと。『こんなの捨ててやる』と放り投げたんじゃない?」と話題になった銀製の指輪は、あとで警察へ遺失物として届けたそう。見るだけで痛そうな注射器は拾う方も緊張。もしかして、犯罪がらみ…?

注射器まで捨てられていた

◆活動のあとは…

活動のあとは、ビーチヨガでリフレッシュ

 この日はアニメーション映画『海獣の子供』(公開中)とのコラボもあり、原作漫画を読んで感動した『海さくら』代表・古澤純一郎さんの「自然の声に耳を傾ける空間を作りたい」との思いから、活動後にビーチヨガを実施。みんなでキレイにした浜辺で、えも言われぬ体験をしました。

◆うれしいお土産も…

 スタンプをためるとTシャツがもらえる参加証のほか、この日は、映画『海獣の子供』の大きなシールと、大正製薬からキンキンに冷えた「リポビタンD」(子供たちには「リポビタンDキッズ」)が配られた。その場で一気飲み。

撮影/浅野剛

※女性セブン2019年7月11日号

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス