• TOP
  • 芸能
  • 舘ひろしが語る「初対面時の渡哲也の配慮」と「焼きそばの腕」

芸能

2019.07.23 07:00  週刊ポスト

舘ひろしが語る「初対面時の渡哲也の配慮」と「焼きそばの腕」

舘ひろしが石原軍団の炊き出しの掟を語る

 この日、撮影を前にカメラマンが挨拶をすると、舘ひろしは爽やかに右手を差し出し「どうぞよろしく」と微笑んだ。同じ振る舞いを、渡哲也は舘との初対面の場でしてくれたという。

 石原プロに所属する以前、駆け出しの舘が挨拶に訪れると、渡は待ち合わせの喫茶店で静かに待っていた。

「僕を見るとスッと立ち上がって『舘君ですね』と握手してくれた。そんなことをしてくれたのは渡が初めてでしたし、この日のことはいつも思い出します。僕の俳優としての佇まい、自分より若い人へのあり方の基本となっていると思います。だから“こんな年寄りがきても迷惑かな”とは思っても若い俳優さんたちとはなるべくお話をしたり、握手をしたり。話題は日常の他愛ないことですよ。

 石原プロの若い俳優には外へ出た時に恥ずかしくないようになってもらいたい兄貴心から助言もしますが、普段は芝居についてあまり話しません。だって、誰も僕に演技の質問はしてこないんで(笑い)」

 7月26日公開の映画『アルキメデスの大戦』では海軍少将時代の山本五十六を演じる。山本五十六は下戸の甘党で知られるが、舘も大の甘党。石原軍団の炊き出しではぜんざい作りを担ってきた。

「大好物のぜんざい担当ですが、近年焼きそば担当に昇格しました。炊き出しは担当制でエリートコースがあるんですよ。ゴールは焼きそばで、長らく渡が担当してきた花形。僕の調理は油を控えて、こうやって空気を入れ込んで炒めるからふっくらして旨い。他は何も敵うことはないけれど、焼きそばは渡を超えたと思っています(笑い)」

 そう言うと渡との違いを“実演”して場を沸かせる。2011年4月、宮城県石巻市。渡哲也ら石原軍団と東日本大震災の被災者に炊き出しで焼きそばを作った。

2011年4月、石巻市で炊き出しする石原軍団

コメント 2

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス