• TOP
  • スポーツ
  • 渋野日向子、ギャラリーとハイタッチ 世界に2人だけの好感度

スポーツ

2019.08.07 16:00  女性セブン

渋野日向子、ギャラリーとハイタッチ 世界に2人だけの好感度

笑顔のお手本はミッキーマウスだという(写真/時事通信社)

 決めれば優勝、外せばプレーオフ。大きなプレッシャーのかかる5mのロングパットを強気で叩くと、ボールはまっすぐカップに吸い込まれた。その瞬間、手を天高く突き上げ、満面の笑みでギャラリーの大歓声に応えた――。

 日本時間の8月5日、初のメジャー大会出場となった全英オープンゴルフで見事に優勝を果たした渋野日向子選手(20才)。どんな時にも笑顔でプレーを続けた彼女は、海外メディアに「スマイリング・シンデレラ」と称され、世界のファンをも魅了した。

 優勝会見では「今の気持ちは言葉にできないくらいうれしいのと、お腹が空いた」と話し、「どうやって祝うのか」という質問には「お菓子をいっぱい食べます」と答えて報道陣を笑わせた。

 渋野選手は岡山県岡山市の出身。8才の時にソフトボールと同時にゴルフを始めた。中学では軟式野球部に入部し、ゴルフと両立させていたという。

「3年連続で岡山県ジュニアゴルフ選手権で優勝し、軟式野球部の監督から“ゴルフ一本にした方がいい”と言われてゴルフに専念することを決断したそうです。作陽高校時代には高校ゴルフ選手権で優勝しています」(ゴルフ関係者)

 しかし、順風満帆とはいかなかった。同じ学年で、1998年度生まれには、アマチュア時代の15才でツアー優勝した勝みなみをはじめ、畑岡奈紗、新垣比菜、大里桃子らがいる。“黄金世代”と呼ばれる世代で、渋野は高校卒業直後の2017年のプロテストで、ただひとり不合格。昨年7月に合格したものの、同期が次々にレギュラーツアーで優勝を飾る中、彼女は下部ツアーで戦い続けた。

「プレーがうまくいかないとすぐに表情に出てしまい、それが成績の不安定さにつながっていた」(ゴルフ誌記者)

関連記事

トピックス