芸能

日本で最初に『キャッツ』見たのは高田文夫とビートたけし?

高田文夫が明かすミュージカルにまつわる驚愕エピソードとは

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、高田氏がミュージカルに初めて触れたときのこと、36年前にニューヨークでビートたけしと一緒に『キャッツ』を観た思い出について語る。

 * * *
 普通に話していたのに、急に歌い出し踊り出す不思議な“ミュージカル”。最初に見たのはいつだったか。前にも少し書いたが“ワシントンハイツ”に住んでいたジャニー喜多川が、渋谷の少年達を集めて作った野球チームが“ジャニーズ”。我が“少年シャークス”は2戦して2敗。次の試合の日は雨。その時ジャニーが子供達を連れて見に行った映画が、公開されたばかりの『ウエスト・サイド物語』。

「これだ」とひらめいたジャニー。その時、仲間と森繁久彌、三木のり平の『社長漫遊記』を見に行っちゃったのが私。これがジャニーズと私の人生の分岐点。一週間後私もあわててジョージ・チャキリスを見に行きました。これがほとんどの日本人のミュージカル初体験。

 その後東宝ミュージカルで『マイ・フェア・レディ』が大変な話題となった。主役の江利チエミの父親ドゥーリトル役で『運がよけりゃ』を歌った八波むと志。私が最初に愛した喜劇人でコントの〈脱線トリオ〉から抜擢され喝采を浴び、さぁこれからという時、37歳という若さで交通事故死してしまった。私にとって〈笑い〉のジェームズ・ディーンでした。

 その後ミュージカルとはほとんど無縁の私でしたが、昭和58年、ビートたけしと仕事半分、遊び半分で行ったニューヨークで公演を見た『キャッツ』。まだ日本に上陸するずっと前です。内容も何も分からず劇場へ入ったふたり、場内が薄暗くなり、いきなり座っている足元から「ワ~ッ」と猫がとび出してきた。人一倍気が小さいたけし、「うるせーな、この猫ォー!!」と怒ってました。日本で一番最初に『キャッツ』を見たのはたけしと私ではないでしょうか。

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト