芸能

伝説のゲイバーママ「高倉健さんとは何もなかったのよ!」

「吉野」のママが昭和スターの秘話を明かす

 昭和のスターは、芸能界から政財界、文壇、スポーツ界まで幅広い交友を持ち、夜な夜な酒を酌み交わすものだった。そんな自由で輝かしい彼らの親交を、誰よりも間近で見てきたのが、六本木の伝説のゲイバー「吉野」のママ、吉野寿雄氏(88)だ。今年米寿を迎えた吉野ママが、「終活の一環として思い出を記録に残しておきたい」と、スターの集った貴重な店内風景を明かした。

 * * *
 美空ひばり、石原裕次郎、長嶋茂雄、三島由紀夫など、今思えば各界のスターたちが皆お店に来てくれていたわ。有名人が集うレストランは他にもあったけど、うちは何処よりも濃密だった。なぜかって? そりゃ、「ゲイバー」だからよ。

〈夜毎、名だたるメンバーが顔を揃えた「吉野」。数多くのスターに愛された同店で38年間ママを務め、訪れるスターたちの恋や仕事の相談に乗ってきたのが吉野ママだ。

 吉野ママは終戦後、新橋にできた日本初のゲイバー「やなぎ」でゲイボーイとして修業を積んだ後、独立し、銀座「ボンヌール」を開店。当時から越路吹雪や高峰三枝子など客層は華やかだったという。同店で多くのファンをつかんだ吉野ママは1963年、六本木に「吉野」をオープンした。「吉野」は時にスターたちの“密会の場”となり、彼らが素顔を見せるやすらぎの場となった。〉

 当時のゲイバーは、今ほど市民権を得ていなくて、得体の知れない雰囲気があったからね。雑居ビルの2階で看板も出していなかったし、一般の方が気軽に入れる場所じゃなかった。常連だけの超濃密な空間だったのよ。マスコミもいないし、スターがお忍びで来るにはちょうど良かったんじゃないかしら。

 営業時間は夜9時から朝の5時。あの頃はそんな時間までやっている店はなかったから、銀座で飲んだ後に流れてくる芸能人も多かったわ。

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン