国内

岩屋毅防衛相はなぜ一身に批判を浴び続けるのか

スマイルの代償(写真/AFP=時事)

 SNSなどでの発信もほとんどなく、公式ホームページがときどき更新されるだけの岩屋毅防衛相が、ネット民の関心を集めている。それは、防衛大臣として心許ない、というネガティブな理由からだが、なぜそこまで注目されるのか。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、どこか構ってしまいたくなる岩屋防衛相が批判を浴び続ける理由を考えた。

 * * *
 まだまだ盛り上がりが続くネットの韓国関連話題では、世耕弘成経産相と河野太郎外相が韓国に対して冷徹とも言える態度を取り続けることが高く評価されている。その一方、閣僚の中で一身に批判を浴びているのが岩屋毅防衛相だ。

 元々新入閣組として、失言を連発した桜田義孝前五輪相とともに資質が不安視されていたが、韓国によるGSOMIA破棄及び北朝鮮によるミサイル連続発射という重大局面に「この大臣で大丈夫なのか?」と思われているのだ。河野氏に関する話題が出たら「無能岩屋は少しこいつを見習え」と書かれてしまう。

 きっかけは、2018年12月の韓国海軍による自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題時の弱腰対応である。韓国が次々と繰り出す「“日本が悪い”論法」「“日本が出した証拠は捏造”論法」的居直り戦術に屈したように見えたのだ。

 以後、韓国関連の話題が出ると「岩屋ちゃん腰抜けやからほっときゃ今回も有耶無耶でフィニッシュやで!」「岩屋がひ弱だから付け上がる」などと書かれるようになった。

 それにもかかわらず、韓国の鄭景斗国防相と6月に会談した際に満面の笑みで握手する写真が報じられた。さらに、この件は産経新聞の報道によると、防衛省幹部が「会っても建設的な議論にならない」と言ったものの、岩屋氏は「それでもぜひお目にかかりたい」と秋波を送ったのだという。この時はノンフィクション作家の門田隆将氏が自身のブログでレーダー照射問題発生直後と同様に『もう一度言う「岩屋防衛相を罷免せよ」』と主張した。

 身内である自民党からも、元航空自衛官である宇都隆史参院議員が岩屋氏に対し、動画で「怒りに身が震えている」と述べた。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン