• TOP
  • ライフ
  • 猫を飼う女性は肺がん死亡リスクが2.85倍との調査結果

ライフ

2019.09.03 07:00  女性セブン

猫を飼う女性は肺がん死亡リスクが2.85倍との調査結果

猫を飼っているかが寿命に影響

猫を飼っているかが寿命に影響

 猫を飼っている女性は、死亡リスクが跳ね上がる──愛猫家からの悲鳴が聞こえてきそうだが、実際にこういう研究結果が出ている。

 米ジョージアサザン大学の研究チームが、ペットの有無と死亡リスクの関連を調べたところ、猫を飼っている女性は飼っていない女性に比べ、肺がんによる死亡リスクが2.85倍も高く、犬の場合は1.01倍でほとんど上がらなかったというのだ。

イシハラクリニック副院長で医師の石原新菜さんが話す。

「猫の細かい毛を吸入して、慢性的に気管支や肺の中で炎症が起きていると考えられます。犬の毛は太く、外で飼われることも多いですが、猫は室内で飼うのが普通です。慢性的な炎症があると、細胞が分裂をして治そうとしますが、分裂の頻度が多いと突然変異が生じやすく、がん細胞が発生する確率が高まります」

 少なくとも、掃除はこまめにした方が良さそうだ。

※女性セブン2019年9月12日号

読書など生活習慣で変わる死亡リスクも

読書など生活習慣で変わる死亡リスクも

関連記事

トピックス