ライフ

危険な食品添加物 安全なはずが後から使用禁止となることも

健康を脅かす食品添加物は?(イラスト/飛鳥幸子)

 私たちの体は、食べたもので作られている。毎日の料理に使う食材や調味料、スーパーの総菜、コンビニのおにぎりや弁当、菓子や飲料水…口に入れたものはすべて、健康にダイレクトに影響する。何も考えずに危険な加工食品を長年食べ続けていると、アレルギーなどの体の不調をはじめ、うつ病などの精神疾患、生活習慣病やがんにいたる病気まで、あらゆる健康被害のリスクが高まる。

◆「添加物」の中には自然の成分もある

 いずれの添加物も国が安全性を保証しているため、過剰に敬遠する必要はないという考え方もあるが、他国では健康被害が報告され、使用が制限されていたり、日本でも時を経て使用が見直されたりする場合もある。

 私たち消費者は一体、どのように食品を選ぶべきなのだろうか。現在、日本で食品添加物として認められているものは約1500種類あり、その目的は主に6つ。

【1】色を整えおいしさを演出
【2】味を調える
【3】香りを足す
【4】食品を製造や加工するために必要
【5】形や食感を整える
【6】腐敗を防ぎ、品質を保つ

 さらに日本で使用できる食品添加物は以下に分類される。

●指定添加物(463品目)
 食品衛生法第10条に基づき、厚生労働大臣が、安全性と有効性を確認して指定したもの。化学的合成品や天然添加物など製造方法の違いにかかわらない。

●既存添加物(365品目)
 長年使用されていた実績があるものとして厚生労働大臣が認めたもの。1996年の策定当初は489品目だったが、安全性に懸念があるもの、使用実態がないものが削除されている。

●天然香料(約600品目・基原物質)
 食品に香りをつける目的で使用される動植物から得られる香料。バニラ香料、カニ香料などがある。

●一般飲食物添加物(約100品目)
 一般に食品として飲食しており、添加物として使用されるもの。果汁、野菜色素、寒天など。

 豆腐を作るための「にがり」、着色料に使うしその葉やクチナシの実から抽出したエキスなど、もともと自然界に存在する成分も「食品添加物」の中に含まれる。

 さらに、こんにゃくの凝固剤として使用される消石灰(水酸化ナトリウム)、中華麺に用いられる「かんすい」なども、食品添加物だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン