スポーツ

卓球・水谷隼に男女トラブル、被害届も 相手女性の告白

男女トラブルが発覚した水谷選手(共同通信社)

 順調にスターダムにのし上がってきた“卓球王子”の身に、あるトラブルが降り掛かっている。東京五輪開幕まで残り1年を切った重要な時期だ。不運なのか、それとも身から出た錆か。当事者たちの話を聞いた。

「あまり感情を表に出さないタイプの水谷さんが、この夏は暗い表情ばかり浮かべていました。親しい人によれば、弁護士や警察にまで相談するような悩み事があったとか」

 卓球選手の水谷隼(30才)の知人は、彼の変化をこう明かす。

 17才で全日本選手権を当時最年少で制覇。以来、卓球界を牽引し、リオデジャネイロ五輪では団体銀メダルに貢献。個人でも、シングルスで男女通じて日本初となる銅メダルを獲得した水谷。

 来年の東京五輪でもメダル獲得が期待されている彼は、人知れず男女トラブルに巻き込まれていた。

 発端は都内の会員制ラウンジ『X』だった。ラウンジとは、キャバクラやクラブのような「夜の飲食業」の1つだが、会員制を謳う高級店が多く、接客する女性がタレントやモデルの卵というケースが少なくない。特にXは女性のレベルが高いと評判の人気店で、客も芸能人やスポーツ選手、経営者などが多いことで知られている。

 水谷がその店を訪れたのは今年5月のこと──。

 さて、水谷は東京五輪を集大成に掲げている。しかし、後輩たちの台頭もあり、盤石とはいえない状況だ。

「シングルスの代表は、来年1月時点の世界ランキングで上位2名が選ばれます。昨年、全日本選手権の10連覇を狙っていた水谷は、“チョレイ”の雄叫びとともに急成長を遂げた張本智和(16才)に完敗。以後、エースの座を彼に明け渡しています。さらに丹羽孝希(24才)も侮れない存在です」(スポーツ紙記者)

 さらに水谷は今年2月、卓球専門メディアに「球がほとんど見えていない」と“視界”の問題を告白。その後、サングラスを調整するなどして見え方は改善しつつあるが、五輪選考の大事な年に、足元がぐらつき始めている。

 そんなストレスを抱える日々の息抜きのためか、水谷はXを訪れ、ある女性と出会う。ロングヘアに大きな瞳が印象的な橋本環奈似の美女、エミさん(19才・仮名)だ。彼女こそ水谷の「苦悩」の原因だが、それを語るにはエミさん自身に回顧してもらう必要がある。エミさんが振り返る。

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト