国内

新天皇即位祭典 嵐の出演決定までの紆余曲折、候補は3組

愛子さまが嵐の大ファンということもあり、雅子さまも嵐のほとんどの曲をご存じだという(撮影/JMPA)

 11月9日に行われる「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」で嵐が“奉祝ライブ”を行うことが発表された。

「国民祭典は、陛下の即位を祝って超党派の国会議員連盟や政財界の有志が主催するもので、皇室の行事ではありません。ただ、両陛下には、“国民がお祝いしますのでお出ましいただけませんか”とお願いをする形になり、陛下からのおことばも予定されています。安倍晋三首相(65才)も出席します。

 祭典は2部構成で、午後1時半から第1部の奉祝まつりが、午後5時10分から第2部の祝賀式典が予定されていますが、詳細は調整中です。嵐は第2部でパフォーマンスを披露することになります」(皇室記者)

 明治の遷都以降、皇室の節目のお祝い事などに皇居周辺でしばしば国民的な祝賀行事が行われてきたが、その形式は平成に入り少し様変わりした。

「20年前、上皇陛下の天皇即位10年を祝う祭典で、若い世代を含めた国民全体と皇室をつなぐ企画を盛り込みたいと主催者側は考え始めました。そこで、若者にも親しみやすいということで、昭和にはなかった有名アーティストによる歌唱が企画されました」(前出・皇室記者)

 即位10年を祝う祭典にはYOSHIKIが、即位20年の時にはEXILEが「奉祝曲」を披露した。今年2月には三浦大知(32才)が即位30年をお祝いする式典で、上皇上皇后両陛下が作詞作曲された『歌声の響』を歌い上げている。

◆雅子さまも嵐の出演をおよろこび

 今回、その大役に嵐が選ばれるまでには紆余曲折があったという。

「出演歌手の選択はかなり厳しい。人気はもちろんのこと、大舞台の経験があり、目立った政治的発言をしていないなどの細かい条件をクリアしなければなりません。今回は演歌歌手を含め3組ほど候補に挙がりましたが、国民の誰もが知り、老若男女から愛されているグループとして満場一致で嵐に決まったそう。

 選考では櫻井翔さん(37才)のお父さんが総務省の事務次官まで務めた人物であることも好印象だったとか。

二重橋からEXILEのパフォーマンスを観覧された上皇上皇后両陛下(当時は天皇皇后両陛下、2009年 撮影/JMPA)

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン