• TOP
  • ライフ
  • 遠山景織子、なぜコストをかけず豪華なお弁当を作れるのか?

ライフ

2019.10.08 16:00  女性セブン

遠山景織子、なぜコストをかけず豪華なお弁当を作れるのか?

ハイクオリティ弁当を作れる遠山景織子の家計術とは

 遠山景織子さんといえば、社会現象にもなった1993年の映画『高校教師』で主演に抜擢され、日本アカデミー賞の新人俳優賞など、その年の新人賞を軒並み受賞という快挙を達成。

 その後は1998年からバラエティー番組『笑う犬』シリーズにレギュラー出演するなど多方面で活躍するも、妊娠・出産を機に仕事をセーブしていた。

 そんな遠山さんが最近、SNSなどで注目を集めているのが、「お弁当」。毎日の食費の管理が、どの家計にもカギになるのはいうまでもないが、家計管理と料理の質は、実は一緒に向上できるものだという。

『家計ノート』の著者でも有名な家計管理のプロフェッショナルでもある細野真宏さんが、どの家庭でも悩ましい家計管理と料理の質の上げ方について遠山さんに迫った。遠山さんはスーパーでは「20%オフ」や「30%オフ」などと書かれたシールの食材も普通に買うのだという。

遠山:私は、冷蔵庫と冷凍庫の整理整頓というのは日常生活で、部屋の掃除と同様にやっていますね。

細野:遠山さんのお弁当は、本当に、それこそ「高級料亭のお弁当?」と見間違えてしまうくらいのクオリティーだと思います。でも実際の原価は「コスパ」力を存分に発揮して、安くてもハイクオリティーというスゴイものを生み出していますよね? それを実現するにはどういう工夫が一般の人たちでもできますか?

遠山:結構、冷凍庫も活用するといいと思います。例えば、モロヘイヤとかだと夏しか食べられないですよね。もうちょっと秋まで食べたいなって時は、安く買えた時に多めに買って冷凍しておくんです。

 また、例えば今日はタイムセールで、えのき茸が「えっ? 3つで100円!」ってなった時に買って、全部それも冷凍しておくんですよ。そうすると、1週間後にちょっと高くなったら「冷凍しているからそれでまかなえる」となりますよね。特に忙しい時は便利で、じゃあ、今日は買い物しなくても大丈夫だ、って。

関連記事

トピックス