• TOP
  • スポーツ
  • ラグビー 日本の快進撃、世界ではまぐれと思われていない

スポーツ

2019.10.08 07:00  週刊ポスト

ラグビー 日本の快進撃、世界ではまぐれと思われていない

もう「奇跡」とは呼ばせない(写真/時事通信フォト)

 快進撃のラグビー日本代表。日本の世界ランキングは現在8位(10月2日現在)。順位を見れば、世界の強豪に肉薄しているといえる。

 しかしラグビーでは「世界ランキング」より重視される「ティア」というカテゴリー分けがある。強豪国は「ティア1」、中堅国は「ティア2」、発展国は「ティア3」という格付けだ。

 ティア1は10か国で、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチンの南半球4か国と、ウェールズ、イングランド、アイルランド、スコットランド、フランス、イタリアのヨーロッパ6か国。日本はフィジー、ジョージアなど計13か国のティア2に属している。

 ティア2は、“W杯には出場できても、グループリーグを突破する力はない”と評価されている。事実、日本代表はこれまで何度もティア1の強豪国に苦汁を嘗めさせられてきた。

 最も屈辱的だったのが、オールブラックスとの対戦だろう。1987年、日本はニュージーランドに0-74、4-106と完敗(いずれもテストマッチ)。そして、1995年に南アフリカで開催された第3回W杯では17-145という歴史的大敗を喫した。

 英紙『インディペンデント』は、その試合が行なわれた都市の名前から〈ブルームフォンテーンの虐殺〉と報じた。抵抗する術さえ持たない子供をオールブラックスが蹂躙したかのように見えるほどの差があったからだ。当時を取材したスポーツ紙記者は、こう述懐している。

関連記事

トピックス