• TOP
  • スポーツ
  • ラグビー代表トンプソンルーク 尊敬の日本文化めっちゃいい

スポーツ

2019.10.11 07:00  女性セブン

ラグビー代表トンプソンルーク 尊敬の日本文化めっちゃいい

トンプソンルーク(196cm)と田中史朗(166cm)の身長差は30cm(写真/アフロ)

 ラグビーワールドカップで快進撃を見せる日本代表チーム。桜のジャージを着た海外出身の選手たちが、日本を背負っている――。彼らはなぜ日本代表を選んだのか。日の丸の勝利のために戦うのか。ノンフィクションライターの山川徹氏が、彼らの想いと足跡を追った。

 * * *
「日本代表は私のライフのハイライトです。日本はめっちゃいい国。特に大阪が大好き。好きな町に暮らし、その国を代表して戦う。そこがラグビーのいいところですね」

 激しいタックルで、日本のピンチを再三救った日本代表4番のトンプソンルーク(38才)は流暢な関西弁でそう話してくれた。

 大きく曲がった鼻骨が、どんな相手にも、ひるまずにぶつかっていった証である。1981年生まれの38才。自らを「おじいちゃん」と呼ぶ。

 ニュージーランドのクライストチャーチ北部にあるカイアポイ出身。牧場を営む父も、ラグビーの地域代表としてならした名選手だった。子供の頃から楕円球に親しんだトンプソンも、真っ黒なジャージをまとうニュージーランド代表――通称オールブラックスに憧れた。

 しかし196cmの長身も、世界一のラグビー大国であるニュージーランドでは強みにはなりえない。

 三洋電機(現パナソニックワイルドナイツ)に誘われて日本の土を踏んだのは、2004年のことである。

「ニュージーランドでは道路工事のアルバイトをしながらプレーしていました。でも日本では、プロのプレーヤーとして、フルタイムで大好きなラグビーができる。それが、ぼくにとって“ライフ イズ グッド”でした」

 はじめは1、2年で帰国し、夢だったオールブラックスを目指そうと考えていた。だが、三洋電機で2年間の契約が切れたあと、大阪の花園ラグビー場をホームグラウンドにする近鉄ライナーズに声をかけられ、移籍を決意する。

 日本に残ったのは「オンフィールドだけでなく、オフフィールドが面白かったから」と言う。オフフィールドとはラグビー以外の生活のことだ。

サモア戦でも活躍(撮影/藤岡雅樹)

関連記事

トピックス