ビジネス

マンションの修繕積立金に群がる「悪質コンサル」の巧妙手口

1戸あたり80万~100万円かかるとされるマンションの大規模修繕工事

1戸あたり80万~100万円かかるとされるマンションの大規模修繕工事

 マンションの劣化を防ぐため、10~12年ごとに行うことが多い大規模修繕工事。その施工費用は住民が毎月コツコツと蓄えている「修繕積立金」から支払われ、各種統計データによれば、1戸あたり80万~100万円、タワーマンションともなると170万~200万円(500戸のタワマンなら全体で8億5000万円~10億円)もの工事費がかかる。

 もちろん、築年数や建物の状態によっても金額は上下するが、莫大な「現金」が動く修繕工事費を狙って、水面下で談合まがいの業者間癒着やバックマージンのやり取りなど、数々の不正が横行している。

 総合不動産コンサルティングサービスを行う「さくら事務所」のマンション管理コンサルタント、土屋輝之氏がいう。

「大規模修繕工事をする際、実際の工事を行う施工会社とは別に、設計(工事仕様の作成)や見積もりの精査、施工監理(施工品質のチェック)などを、管理会社や外部の設計コンサルタントに依頼する『設計監理方式』を採用するマンションが多いのですが、いくら第三者が介在するからといって公正で安心な仕組みとは限りません。

 はじめから管理会社やコンサル事務所が複数の施工会社とグループ化しており、マンションの管理組合からコンサルタント料を徴収したうえに、特定の施工会社からも多額のバックマージンを二重で受け取る“手はず”になっていることが多いのです」

 施工会社の選定は業界新聞などを通じて公募されるケースもあるため、競争原理が働き、談合が頻繁に行われているとはにわかに信じがたいが、公募は単なるポーズで出来レースの場合が多いという。

 ある大手コンサルティング事務所に所属する一級建築士が語る。

「施工会社を公募するときは募集要項をつくります。例えば『資本金1億円以上、過去3年間の経常利益が黒字で、50戸以上のマンションの大規模修繕工事の元請けを5件以上受注していること』などの要件がついています。

 でも、そんな細かい要件を満たす会社は少なく、はじめからグループに入っていない会社を除外する目的に過ぎません。そもそも、すでに完成している建物の傷んだ箇所を修繕するだけの“模様替え”工事は、資本金1億円以上の会社じゃなくてもできますしね」

 マンション住民からみれば、ある程度規模が大きく、実績のある会社に修繕工事を任せたほうが安心だと思いがちだが、そうした意識がかえって談合を許してしまう“罠”になっているのだ。

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン