芸能

映画『ジョーカー』が描いた「下級国民の反乱」(橘玲)

 最近のハリウッドは「人種多様性」が重視されるので『ジョーカー』に黒人が出てくるのは不思議ではないが、その登場には一貫した規則(ルール)がある。黒人はアメリカ社会では少数派(マイノリティ)だが、アーサーが出会う黒人は、全員がほんのすこしだけ恵まれているのだ。

 バスで出会った黒人の母親は、貧しい暮らしをしているかもしれないが家族がいる。セラピストと精神科医は専門職の仕事で、精神科病院で働く黒人男性は(少ないとしても)安定した給料を受け取っている。同じ階の黒人女性も、貧しいながらも働いて子どもを育てている。すなわち誰もが社会のなかで、仕事を通して、あるいは家族と共にいることで、自分の居場所を持っている。

 それに対してアーサーは仕事を失い、認知症の母親は一方的に甘えるだけで相談相手になってはくれず、自分がこの世界に「存在」しているかどうかすらあやふやになっている。これが意図的な演出かどうかはわからないが、マジョリティである白人男性のアーサーは、マイノリティである黒人のさらに「下」にいるのだ。

 アメリカにおける『ジョーカー』への批判に、「暗黙に白人社会を肯定しているのではないか」というものがある。アーサーが黒人ならたんなるホームレスで、悪役(ジョーカー)になることさえできないというのだ。これはさすがにきびしすぎると思うが、たしかに映画のなかでアーサーより「下」の黒人は出てこない。

 トランプの岩盤支持層である「白人至上主義者」は、白人の人種的優越を主張しているわけではない。それとは逆に、自分たちこそがアメリカ社会でもっとも差別され、虐げられているのだと信じている。彼らは「白人マイノリティ」を自称し、「白人差別」の人種主義(レイシズム)とたたかっているのだ。

 中流から脱落した白人たちは、黒人がマイノリティであることを盾にとり、アファーマティブ・アクション(積極的差別是正措置)で「不正に」恵まれていると怒っている。マイノリティ(黒人)がマジョリティ(白人)を抑圧し、「差別」しているというのだ。

 このように考えれば、映画『ジョーカー』がアメリカのリベラルから警戒される理由がわかるだろう。白人のアーサーを「最底辺」にしたことで、その設定は白人至上主義者の世界観(黒人は自分たちより優遇されている)ととてもよく似たものになったのだ。

「プアホワイト」=アメリカの下級国民という構図(橘玲『上級国民/下級国民』掲載の図を一部改変)

性愛から排除された「Involuntary celibate(非自発的禁欲)」

「下級国民」であるアーサーは、仕事を失ったことで社会から排除されたと同時に、性愛からも排除されている。アーサーが話をする女性は、黒人のセラピストと母親しかいない。

 性愛から排除された男性は日本では「非モテ」だが、アメリカでは「インセル(Incel)」と呼ばれる。これは「Involuntary celibate(非自発的禁欲)」のことで、宗教的な禁欲ではなく、「自分ではどうしようもない理由で(非自発的に)禁欲状態になっている」ことの自虐的な俗語としてネット世界に急速に広まった。

 2014年以降、北米では「インセル」を名乗る若い白人の無差別銃撃事件が立て続けに起きた。その動機は自分たちを性愛から排除した社会への復讐で、まさに「非モテのテロリズム」だ。

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン