スポーツ

巨人ベンチ内に不穏な空気 コーチ陣、小林、菅野らに軋轢も

原監督は就任1年目で日本一を目指す(時事通信フォト)

 2000年以来となった巨人対ソフトバンクの日本シリーズ。19年前、原辰徳・監督はヘッドコーチとして、工藤公康・監督は投手として、どちらも巨人に在籍していた。時は流れ、2人は押しも押されもせぬ名将となり相見えたが、両チームのベンチ内ではどうやら不穏な空気が流れている。

 原監督にとって自身4度目となる日本一を目指す戦いの直前、鈴木尚広・一軍外野守備走塁コーチが「一身上の都合」として退団することが発表された。

 週刊新潮に写真付きで報じられたダブル不倫疑惑が理由と見られているが、本誌・週刊ポストでは2016年1月29日号で、鈴木の妻との離婚トラブルを報じていた。今回の報道はその後日談として報じられたものだった。巨人番記者が言う。

「今シーズンからの鈴木氏のコーチ就任は“走塁のスペシャリスト”としての実績を高く評価した原監督直々の指名だったが、一方では私生活のスキャンダルを心配する声もあった。

 確かに盗塁数は去年より22増えたが、それは原監督が“走って相手にプレッシャーをかけろ”と選手に自らハッパをかけたから。そんな中で“案の定”のスキャンダル発覚ですから、“原監督は何であんなのを連れてきたんだ”との声も出ている」

 就任1年目からリーグ優勝を成し遂げた原監督だが、その他のコーチとの関係も円滑とは言えないようだ。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン