• TOP
  • スポーツ
  • 巨人ベンチ内に不穏な空気 コーチ陣、小林、菅野らに軋轢も

スポーツ

2019.10.21 16:00  週刊ポスト

巨人ベンチ内に不穏な空気 コーチ陣、小林、菅野らに軋轢も

原監督は就任1年目で日本一を目指す(時事通信フォト)

 2000年以来となった巨人対ソフトバンクの日本シリーズ。19年前、原辰徳・監督はヘッドコーチとして、工藤公康・監督は投手として、どちらも巨人に在籍していた。時は流れ、2人は押しも押されもせぬ名将となり相見えたが、両チームのベンチ内ではどうやら不穏な空気が流れている。

 原監督にとって自身4度目となる日本一を目指す戦いの直前、鈴木尚広・一軍外野守備走塁コーチが「一身上の都合」として退団することが発表された。

 週刊新潮に写真付きで報じられたダブル不倫疑惑が理由と見られているが、本誌・週刊ポストでは2016年1月29日号で、鈴木の妻との離婚トラブルを報じていた。今回の報道はその後日談として報じられたものだった。巨人番記者が言う。

「今シーズンからの鈴木氏のコーチ就任は“走塁のスペシャリスト”としての実績を高く評価した原監督直々の指名だったが、一方では私生活のスキャンダルを心配する声もあった。

 確かに盗塁数は去年より22増えたが、それは原監督が“走って相手にプレッシャーをかけろ”と選手に自らハッパをかけたから。そんな中で“案の定”のスキャンダル発覚ですから、“原監督は何であんなのを連れてきたんだ”との声も出ている」

 就任1年目からリーグ優勝を成し遂げた原監督だが、その他のコーチとの関係も円滑とは言えないようだ。

関連記事

トピックス