• TOP
  • ビジネス
  • 存続危ぶまれる東京モーターショーで見る価値ありの5台

ビジネス

2019.10.25 07:00  NEWSポストセブン

存続危ぶまれる東京モーターショーで見る価値ありの5台

東京モーターショーの会場で取材を受ける豊田章男・トヨタ自動車社長(撮影/渡辺利博)

東京モーターショーの会場で取材を受ける豊田章男・日本自動車工業会会長(撮影/渡辺利博)

 10月24日、東京モーターショー2019が東京の臨海副都心で開幕した(一般公開は25日から)。今回のテーマは「OPEN FUTURE」。クルマ単体にとどまらず、未来のモビリティと社会の関係を表現するコンテンツや参加型のイベントが大幅に増えた。入場者減が止まらず、存続すら危ぶまれる状況にある東京モーターショーを何とか再興させたいという業界の意気込みは、2年前の前回ショーに比べると格段に濃密になった。

 もっとも、モーターショーと言うからには、コアはやはりクルマ。走るわけでもなく、置かれているだけの市販車やコンセプトカーを眺めることに果たして意義を見出せるのか──会場を巡ってみると、好きな人にとっては「ここで見る価値あり!」と思えるクルマも散見された。

 自動車ジャーナリストの井元康一郎氏が、私的に厳選した5台をピックアップした。

(1)フェアレディZ 50th Anniversary/日産ブース

フェアレディZ 50th Anniversary(日産)

フェアレディZ 50th Anniversary(日産)

 日産伝統のスポーツカー、フェアレディZは今年、生誕50周年。それを記念して期間限定で販売されているのが50th Anniversaryバージョンだ。フェアレディZの前身で、アメリカに日本もクルマを作れるのだというイメージを植え付けた最初期のモデルのひとつ、「ダットサン・フェアレデー」へのオマージュとおぼしき赤白の2トーンカラーに塗装された車体はかなりの目立ち度。ステージ上のコンセプトカーよりも注目を浴びているくらいだった。

 この50th Anniversary、市販車ではあるのだが、期間限定車という性質上、どこでも簡単に見られるというものではない。多くのブランドのさまざまなクルマが並ぶモーターショー会場でなお相当な存在感を放っているのを見ると、半ば忘れられた存在となっているZの潜在的バリューを感じずにはいられないだろう。

関連記事

トピックス