芸能

『あさりちゃん』姉妹合作50周年、作者の姉妹が語るその歴史

(C)室山まゆみ

 小学館の学習雑誌に36年もの間連載され、小学生の間で人気を博してきた少女向けギャグ漫画『あさりちゃん』。2014年に連載は完結したものの、令和になった今、デジタルで復活。その反響について、作者の室山まゆみさんに話を聞いた。

◆令和になってツイッターを始めた理由とは

 漫画『あさりちゃん』は、勉強は苦手だけど、前向きで明るくスポーツ万能の小学4年生の女の子、浜野あさりが主人公。2才年上の姉、タタミは学校一の秀才だけど、ちょっぴり意地悪。そんな2人のキャラクターを中心に、家庭や学校内で起こるさまざまな出来事を笑えるエピソードで描いたギャグ漫画だ。

 作者の“室山まゆみ”は姉・眞弓さんと妹・眞里子さんの姉妹ユニット。2014年に『あさりちゃん』の連載が終わってからは、どう過ごしていたのだろうか。

眞里子:『月刊フラワーズ』で、高齢者とペットの柴犬の交流を描いた『おまけの柴子』という漫画を描いたり、月2回、私たちの地元である熊本日日新聞に漫画エッセイを描いています。

眞弓:あとは、90才になった実母の世話をするために月の半分ぐらいは実家の熊本に帰っています。なので、東京と熊本を行ったり来たり。

眞里子:定期的に仕事をしているのは、新聞の漫画エッセイぐらい。これ言っちゃいけないけど、本当に楽よ~。それにこの人(姉・眞弓さんを指して)、もう年金もらえるから。

眞弓:今年から、年金。

──今年、あさりちゃん(浜野あさり)の公式ツイッターが始まりました。

眞里子:私たちはデジタルにうといけど、ツイッターには大賛成。というのも、あさりの連載が終わってから、世間は私たちのことをどう思っているのかなと、スマホでがちゃがちゃやりながら、ネットで自分たちの名前を検索してみたんです。

眞弓:半年経った段階で。

眞里子:そうしたら、某ネット掲示板に行きついて。私たち、死んでいました。自殺したって書かれていたのかな? 消えた漫画家のリストに私たちの名前があって。こちらとしては生きていますよということを発信しないとまずいだろうと思っていた時に、編集部から“ツイッターやりませんか?”と言われ、それはいいことだと。とりあえず生きていますというのがわかれば。

眞弓:ツイッターを始めてからは、“また会えますね”というお手紙が来たりして、ありがたかったですね。

◆20年前に消費税10%を予言したのがネットで話題に

──今年の夏、参議院選挙の時に、あるユーザーがSNSで『あさりちゃん』では、すでに20年前に消費税が10%になることを予言していた、と投稿し、大きな話題を呼びました。

眞弓:あれは消費税が3%から5%に引き上げられる時に描いたものですが、消費税3%が導入された時に、専門家から“消費税を導入したら、どんどん上がるよ”と言われていたんです。

関連記事

トピックス

オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
ドラマ単独初主演キンプリ高橋海人「キュンとするシーンも楽しめるようになってきました」
女性セブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト