眞里子:あの時、政府は“日本はまだまだ安い。世界には20%以上のところもある”って言っていましたが、そういう国は、薬とか食料品には税金がかかってないんです。単にパーセンテージだけ言うからずるい。今回だって食品は8%だけど、なんで医薬品にかけるんだ?って思いますもん。

眞弓:それも政治に無関心だから、政府のいいようにされてしまう。

眞里子:あの話は、「選挙に行け」というのがテーマだったんです。政権が固定するといいようにやられてしまうから、文句を垂れる前に選挙に行けと。

◆大事なものはあさりちゃんから教わった

『あさりちゃん』は単なるギャグ漫画にとどまらず、学習的な要素が含まれている。例えば消費税のような時事ネタ、春の七草などの慣習を扱い、「唯々諾々」といった難しい熟語も作品では使われている。

 *

眞里子:私たちも啓蒙したい気持ちはあるんです。例えば、食べ物に対しても、きちんと知識を持ってほしいとか。今は両親とも忙しくて教えてやれないこともたくさんあるから。私自身、漫画を見て知ったことがいっぱいあるんです。

眞弓:タタミのように秀才になりたくて勉強をした、というお手紙は来ます。それで何人も東大に入ったと。特に医学部の子は多いです。一度、家庭教育雑誌でインタビューを受けた東大生の女の子が掲載誌を送ってきてくれたことがありました。“大事なものはあさりちゃんに教えてもらった”と話をしたからと。そう言ってくれる人がいて本当にうれしいです。

眞里子:あさりは、勉強はできないけど、そのぶん明るくてポジティブ。それがギャグ漫画には大事なことなんです。

眞弓:運動神経がいいのも大事。とにかく元気で、考えるよりすぐ行動するのもあさりのいいところ。

眞里子:勉強はできるに越したことはないけど、それよりもポジティブで元気な方が幸せになれるんだろうと思います。

 *

 連載時から時代の流れを丁寧に描き、大切なことを、あさりちゃんを通じて伝えてきたからこそ、令和の時代になっても私たちの心に『あさりちゃん』は響き続けている。

【プロフィール】
室山まゆみさん/熊本県出身。姉・眞弓さんは8月30日、妹・眞里子さんは9月27日が誕生日。『あさりちゃん』のコミックは1~100巻まで発売された際、「二人組による1コミックシリーズ最多発行巻数(女性作家)」として、ギネス世界記録に認定された。

※女性セブン2019年11月21日号

関連記事

トピックス

裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン