• TOP
  • 国内
  • 私立中学に広がるコース制 小6受験生に選択させる是非は

国内

2019.11.12 07:00  NEWSポストセブン

私立中学に広がるコース制 小6受験生に選択させる是非は

◆インパクトあるコース名で難関大の受験熱をアピール

 では、コース制の現状はどうなっているのか。最初に学力別のコースを設けている学校の例をいくつかご紹介しましょう。

【男子校】
・京華/特別選抜、中高一貫
・佼成学園/アドバンスト、マスタリ―
・聖学院/アドバンスト、レギュラー
・東京都市大学付属/II類(最難関国公立大)、I類(難関国公立私大)
【共学校】
・国学院久我山/〈男子部〉ST選抜、一般 〈女子部〉ST選抜、CC
・淑徳/スーパー特進東大選抜、スーパー特進
・東京都市大学等々力/S特選、特選
・八王子学園八王子/東大・医進、一貫特進
・八雲学園/Honors Track.Advanced Track
・開智/先端、一貫
・栄東/東大、難関大

 ちなみに、女子校にこうした競うコースが少ないのは、女子はコースをつくると校内に一体感が生まれにくいからです。それを警戒して女子校はつくらないのだといえます。

 また、以前は上位コースでないコースには「総合」や「普通」、「進学」といった名称を付けるケースが多かったのですが、上位コースも下位コースも最近はこのようにさまざまなインパクトのある名称を付けています。易しいほうのコースでも「難関大学に受からせますよ」という姿勢を強調するようになっていることが最近の傾向です。

 また、上記の学校は東京・埼玉ばかりです。神奈川・千葉にもコースを設けている学校はありますが、そうした学校は県全体からすると少数派です。こうした点にも県による学校文化の違いが見られます。

関連記事

トピックス