「企画が進んでいくにつれ、失敗することはあってはならないと思うようになりました。これで失敗したら次はなくなると責任を感じました」(星合二段)

 しかし、強い責任感とは裏腹に、「プロジェクトとしては未熟でした。何も知らなさすぎて」と木部二段が振り返るように、作成工程や編集作業など分からないことばかり。知らないことにあたると一旦立ち止まって調べ、再び実行──という繰り返しだった。

 なにせ、企画、撮影、インタビュー、編集、クラウドファンディング、YouTube……すべてが初めてのことなので、作業も非効率。専門の人に頼らず、自分たちでやろうとしても、ひとつ問題を片付けるだけで大変な労力と時間を費やしたという。

「頭の中にはずっとプロジェクトのことがあって、碁の勉強時間は確実に減りました。成績に影響があったかどうかについては……なかったと思いたいですね」

 と苦笑いの星合二段。ただ、ふたりは「何かが足りないとき、周囲のみんなが親身に相談に乗ってくれました。知り合いが知り合いを紹介してくれて、少しずつ進んでいく。新しい試みがみんなに応援してもらえたことは、運がよかった」と口を揃えた。

 当初、クラウドファンディングは達成ラインを150万円に設定した。それではクリアしても資金が足りないのは分かっていたが、到達できないことを恐れたのだ。しかしそれは杞憂に終わった。たった3日で150万円が集まったのだ。

「楽しみにしてくれている人がいる。求めてくれた人がいたのだと実感しました」

 と星合二段。最終的には、438万5420円が集まった。協力してくれた人の中には、囲碁を知らない人もいたが、皆が囲碁界を盛り上げたいという気持ちで支援してくれたという。彼女たちにとって、なんと心強かったことか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン