芸能

神田沙也加と村田充、離婚に至るまでのサポートと禁断の愛

秋山のマンションに入っていく神田沙也加

 ブログで離婚を発表した神田沙也加(33才)と村田充(42才)。その背景にあったのは何なのか。その内幕を明かす。

「前作と同じように愛されてほしいな、との思いを込めてアフレコをしました」──。12月2日、映画『アナと雪の女王2』の大ヒット記念イベントに登壇したアナの声を演じる沙也加は、満面の笑みでこう述べた。

 同作は2014年に公開された『アナと雪の女王』の続編で、触れたものを凍らせる力を持つ姉エルサと、姉を慕う心優しい妹アナの交流を通して、「真実の愛」を描く。11月22日に公開されると、12月1日までに338万人を動員。空前の大ヒットを記録するその裏で、沙也加の「真実の愛」は大きな転換期を迎えていた。沙也加の友人が明かす。

「沙也加さんは今年の10月頃に夫の村田充さんと住む家を出て、今はひとり暮らしをしています。それに、彼女にはすでに“新しいパートナー”もいるようです」

 11月下旬の深夜2時半、都内のウオーターフロント近郊に建つマンションの前に、沙也加を乗せたタクシーが止まった。周囲をうかがいながら降車し、マンション横の路地に身を隠す。寒風が吹き気温が5℃を下回るなか、彼女はじっと何かを待っていた。

 およそ5分が経過した後、ルームウエア姿の男性がマンション裏口の扉を開けると、沙也加は猛ダッシュで建物内に駆け込んだ。そのまま一夜を明かし、彼女が外に出てきたのは翌日の昼だった。

沙也加が出た約5分後、秋山は自転車で颯爽と出発

 祝福された結婚から2年半、公私ともに順調とみられた彼女は、村田が知ることのない秘密の生活を送っている。

 *
 沙也加と村田は、2016年夏の舞台共演をきっかけに交際を開始した。大阪出身で、ストリートダンサーから俳優に転身した村田は、186cmの長身と甘いマスクが自慢のモテ男だった。

 2017年4月に交際が公になると、そのわずか3週間後に結婚を発表。同年5月に行われた結婚パーティーでペアルックを披露して話題を集め、その後も飲食店やスーパーでのラブラブな姿がたびたび目撃されている。新婚当時の沙也加は、まさに幸せの絶頂にいた。

「沙也加さんは大の子供好きで、若い頃は『30才までに赤ちゃんが欲しい』とよく話していました。結婚してからは実際にお友達の赤ちゃんを抱っこさせてもらったり、出産や育児について、友達のママさんたちを質問攻めにしていました。彼女たちに“いつかママ友になれたらいいな”と言っていました」(沙也加の知人)

 だがその後に驚きのニュースが流れた。

翌日、マンションから出てきた沙也加

関連記事

トピックス

都はるみ(右)と矢崎滋
都はるみ、“北の宿”で育む矢崎滋との半同棲生活  レストランで肉料理を堪能し、ワインを買い込んで帰宅
週刊ポスト
陰ながら父としてのサポートも(右から富川悠太氏、長男・立夢君)
元テレ朝・富川悠太氏「親ばかですいません」国民的ボーイズコンテスト出場の息子を陰で支援する“親心”
週刊ポスト
一門はどうなるのか(左から香川、團子、猿翁、猿之助、段四郎。2011年撮影/共同通信社)
「市川猿之助」の名跡はどうなる? 市川團子が引き継ぐのが既定路線、襲名までは市川團十郎が後見人か
週刊ポスト
市議会で議長をつとめていた父・正道氏と青木容疑者
【長野立てこもり】“議長の父の後援会長”だった第一通報者の告白「政憲は、俺の目の前でブスッて…『殺したいから殺しただけだ』って」「父親は事件を聞いて崩れ落ちた」
NEWSポストセブン
天海祐希(写真左/時事通信フォト)と市川猿之助(写真右)
《番宣キャンセル》天海祐希、滲み出る怒り “猿之助騒動”で映画『緊急取調室』ギリギリの公開判断迫られ「せっかくの絆が…!」瀬戸際の18日間
NEWSポストセブン
悪評が広がり続けている日本維新の会の梅村みずほ参議院議員(時事通信フォト)
「ハンスト発言」騒動の維新・梅村みずほ議員 3年前に有権者に送っていた謝罪メールの「おかしな日本語」
週刊ポスト
市川猿之助は罪に問われる可能性は?
市川猿之助は罪に問われるのか “心中で生き残ったケース”は情状酌量により起訴されない場合も
週刊ポスト
エンゼルス・ネビン監督は大谷翔平とどんな会話をするのか?(提供:LosAngelesAngels)
【独占レポート】エンゼルス・ネビン監督が明かす大谷翔平の凄み「彼がこなすルーティーンより厳しくできる選手はいない」
週刊ポスト
紀子さま(時事通信フォト)
上皇ご夫妻とあわやニアミス! 紀子さま「隠密行動」の京都路でなぜか「見られなかったもの」
NEWSポストセブン
どうなる山川穂高
【強制性交容疑】山川穂高、書類送検で対応に追われるテレビ局 オフの「WBC特番」源田壮亮が代役か
週刊ポスト
帰宅ラッシュの駅に悲鳴が(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
【喫茶店で発砲、血の海に】町田・六代目山口組系組員射殺事件、事件直後の凄惨映像が出回る
NEWSポストセブン
花田虎上の元妻・花田美恵子さん(本人のインスタグラムより)
【激変の今】若乃花の元妻「元花田美恵子さん」激ヤセ、身長も縮み「顔が違う」インスタに驚きの声
NEWSポストセブン