• TOP
  • ビジネス
  • ハイサワー女性社長はなぜ「美尻カレンダー」にこだわるのか

ビジネス

2019.12.15 16:00  NEWSポストセブン

ハイサワー女性社長はなぜ「美尻カレンダー」にこだわるのか

「ハイサワー」で知られる博水社の田中秀子社長

「ハイサワー」で知られる博水社の田中秀子社長

 師走に入り、大型書店には来年のカレンダーが数多く販売されている。動物、自然、航空機などさまざまなカレンダーが並んでいるが、毎年根強い人気を誇る異色のカレンダーがある。ハイサワーで知られる老舗飲料メーカーの博水社が毎年発売している「ハイサワー美尻(びしり)カレンダー」である。セクハラ批判も受けかねないご時世、なぜ同社は女性のお尻だけを強調したカレンダーを作り続けているのか──。ジャーナリストの山田稔氏が、博水社の女性社長を直撃した。

 * * *
「ハイサワー美尻カレンダー」は名前の通り、魅力的な美尻をクローズアップしたカレンダーで、お尻のオープニング、エンディングが人気のテレビ番組『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系列)の中で、2009年にハイサワーの特集が組まれたことがきっかけで誕生した。

 カレンダーは2010年版を製作し、当初はハイサワーを置く居酒屋向けに配布したところ、それを見た客から「どうしても手に入れたい」という声が殺到。そこで2011年版から一般販売に踏み切った。過去10年間の累計販売部数は6万2000部に達し、隠れたヒット商品である。

 ここで、過去10年間の「美尻」のキャッチコピーを振り返ってみよう。

・2010年/肉感的&ボリューミー
・2011年/ボン・キュッ・ボン
・2012年/小悪魔系美尻
・2013年/ま~るいお尻
・2014年/お尻も景気も上向き
・2015年/ハート形の美尻
・2016年/腕組んで恋人気分
・2017年/お尻が進化=NEO
・2018年/創業90年でキュッと丸
・2019年/南国デート気分美尻

 時代背景が分かるものもあれば、なぜこの年にこのテーマというものも。これまでに100近いバージョンの美尻が披露されてきたことになる(※注/6枚綴りもあるので120にはならず)。

一番最初に作った美尻カレンダー(2010年版)のキャッチコピーは「肉感的&ボリューミー」だった

一番最初に作った美尻カレンダー(2010年版)のキャッチコピーは「肉感的&ボリューミー」だった

関連記事

トピックス