• TOP
  • 芸能
  • NHK紅白で最後に「蛍の光」を歌わなかった年も 今年は?

芸能

2019.12.17 07:00  週刊ポスト

NHK紅白で最後に「蛍の光」を歌わなかった年も 今年は?

石川さゆりが持つ紅白最多記録とは

 2019年大晦日で放送70回の節目を迎えるほどの積み重ねがあるNHK紅白歌合戦ともなれば、視聴者も承知している「お約束」がある。紅白では当たり前と思われていることのウラに隠された意外な話を、最新刊『紅白歌合戦ウラ話』が話題の合田道人(ごうだみちと)氏に聞いた。

■エンディングで「蛍の光」を歌わなかった年がある?

 東京五輪前年で聖火ランナーに扮した渥美清がオープニングを飾り、フィナーレでは『東京五輪音頭』で幕を閉じた(第14回)。東京五輪前年の今年も要注目だ。

■紅白で最も「肌の露出」が多かった歌手は?

 とんねるず。パンツ1枚で登場し、背中には「受信料を払おう」の文字が。「アイラブNHK」と叫んでステージを去った(第42回)。DJ OZMAは全裸ボディスーツ着用で抗議が殺到した(第57回)が露出度ではナンバーワン。

■「松本伊代」はなぜ紅白に出場できなかったのか?

「商品名や個人名は宣伝になるためNHKではご法度。『センチメンタル・ジャーニー』は♪伊代はまだ~がネックで松本伊代は紅白に出場できなかったと言われています。『プレイバックPart2』は真っ赤なポルシェをクルマと歌っていましたが、山口百恵がトリを飾った1978年に“ポルシェ”を解禁(第29回)。『神田川』も歌詞のクレパスが商品名にあたるとNGでしたが、南こうせつが出演した平成にはOKとなっていました(第43回)」(合田氏)

関連記事

トピックス