• TOP
  • 国内
  • 池袋暴走死傷事故 飯塚幸三元院長の2本の杖なき今の姿

国内

2019.12.25 16:00  週刊ポスト

池袋暴走死傷事故 飯塚幸三元院長の2本の杖なき今の姿

退院後、目白所で任意の事情聴取を受けた元院長(時事通信フォト)

「迷惑です。」大きな赤字でそう書かれた紙が入り口に貼られていたのは、池袋暴走死傷事故を起こした旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(88)の自宅マンションだ。管理会社・管理組合の署名で取材を禁じる貼り紙を記者が確認していると、ガラス越しに、あの元院長が現われた──。

 2019年4月、飯塚元院長が運転する乗用車が暴走し、松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡、9人が重軽傷を負った。飯塚元院長は当初から「ブレーキを踏んだが利かなかった」と説明。5月に退院した際には、サングラスにマスク姿で両手に杖を持つ姿が報じられ、任意のまま捜査が進められた。

 数々の要職を歴任した「上級国民」だから逮捕されない──。そんな批判が止まないなか、事故から7か月が過ぎた11月12日、警視庁は飯塚元院長を自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで書類送検。起訴を求める「厳重処分」の意見もつけたという。

「過失運転致死傷罪の罰則は7年以下の懲役などと定められていますが、飯塚元院長は高齢で、仮に有罪判決が出たとしても服役には耐えられないと判断される可能性があります」(警視庁担当記者)

 12月中旬、記者が飯塚元院長の自宅マンションを訪ねると、ちょうど中から出ようとしている飯塚元院長を確認できた。

 この日は、2本の杖ではなく、4輪のシルバーカート(高齢者向けの手押し車)を両手で押しながら、体を支えるように歩いていた。カートには1本の杖も立てかけられていた。

 ところが、入り口の外にいる記者の姿に気づいた飯塚元院長は踵を返し、おぼつかない足取りでゆっくりと時間をかけてマンションの奥のほうへと姿を消していった。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

関連記事

トピックス