• TOP
  • ライフ
  • 市販胃腸薬・痔薬の中でベストはどれ? 内科医が最終決断

ライフ

2019.12.28 16:00  女性セブン

市販胃腸薬・痔薬の中でベストはどれ? 内科医が最終決断

医者が使っている市販の胃腸薬、痔薬は?(写真/PIXTA)

 ドラッグストアで売られているたくさんの市販薬。どれをのめばいいのか、わからないという人も多いのではないだろうか。そこで、病のことならその専門家に聞けばいい──ということで、医師がのんでいる市販薬について調査した。

◆「痔にはボラギノール」は大正解

 医師の仕事は激務なうえストレスもたまりやすく、胃腸を痛めることもある。そんな時、内科医の近藤千種さんが自分で選ぶのは『パンシロン01プラス』だという。

「CMの謳い文句通り、食べすぎ・飲みすぎ・胃のもたれがある時に使います。胃酸を中和させる制酸剤が含まれるので、胸焼けなどの不快症状に素早く効く。加えてビオジアスターゼ、リパーゼなどの消化を助け、胃排泄を促してくれる消化酵素も含まれている。これらの有効な成分がバランスよく含まれているので、市販薬だとこの商品がベストです」(近藤さん)

 しらはた胃腸肛門クリニック横浜の院長で大腸肛門外科の専門医である白畑敦さんは、『新ビオフェルミンS』をサプリメントのように活用している。

「腸の環境をよくするために、毎日のんでいます。腸内環境の学問はまだ発展途上。だからこそ自分と相性のいい薬を探すことが大切です。『新ビオフェルミンS』は、私の体と相性がよく、のみ始めてから食欲が湧くようになったし、胃腸が丈夫になったように思います。加えて下痢や吐き気があったり、二日酔い時に使うのは漢方の『五苓散』です」

内科医が使っている市販薬リスト

 腸のむくみを取る効果があるというから、忘年会や新年会が続くこの時期に常備したい一箱だ。

「便秘の時には、酸化マグネシウムのみを成分とする市販薬『酸化マグネシウムE便秘薬』がおすすめ。市販の便秘薬にはセンナのような刺激性の下剤を入れている商品もありますが、だんだん効かなくなって、量を増やし大量服用するというパターンに陥りやすい。その点、酸化マグネシウムを使ったものは癖になりません。この商品でなくても酸化マグネシウム配合のものはおすすめです」(白畑さん)

 便秘を放置すると痔の悪化につながってしまう。専門家から見ても、『ボラギノールA』は痔の薬として“万能”だという。

「腫れを緩和させるステロイドや痛みを取る局所麻酔成分など、病院の処方薬とそれほど成分が変わりません。しかも配合のバランスがいいので、いぼ痔でも切れ痔でも『ボラギノールA』でOKです」(白畑さん)

※女性セブン2020年1月2・9日号

関連記事

トピックス