• TOP
  • スポーツ
  • 卓球・伊藤美誠はエース扱い、だが絶大なる石川佳純の存在感

スポーツ

2020.01.08 07:00  週刊ポスト

卓球・伊藤美誠はエース扱い、だが絶大なる石川佳純の存在感

エースは伊藤美誠か(時事通信フォト)

 その場合、石川がシングルス2試合に出る“エースのポジション”となるのだ。

「現実的には、世界ランク24位の早田が選ばれる可能性は低い。日本のトップ選手が伊藤というのは多くの人が認めるところ。最年長の石川はチームをまとめる役回りを求められる」(前出・スポーツ紙デスク)

 日本卓球の初メダルとなった2012年のロンドンでは、福原、石川をベテランの平野早矢香(34)がまとめ、リオではエースの石川、まだ15歳だった伊藤の2人を福原がリーダーとして支えた。“熾烈なエース争い”ではなく、チームをまとめる“ベテランの力”が発揮されることで、東京でもメダルが近づいてくる。

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

関連記事

トピックス